松本健太郎

野球・政治・経済・文化など様々なデータをデジタル化し、分析・予測するのが得意な人です。2018年から株式会社デコムに参画。インサイトの発見が主な仕事です。

競合分析フレームワーク「Points of X」で鳥貴族を復活させる仮説を考える

大阪が生んだ奇跡の居酒屋「鳥貴族」の元気が無いようです。

私も嫁も「鳥貴族」が凄く好きで、日本橋界隈に住んでいた頃は近所の店に月3で通っていました。そう言えば以前は必ず10分程度待っていましたが、最近はスムーズに入店できたので、内心「むむっ?」と思っていました。

なるほど、以下の2019年6月の月次報告を読むと、客数減、客単価減、出店速度減少による全店売上高減の大問題が起きているようです。

もっとみる

「お客様の声を聞くアンケート」の分析、どうせならデコムに発注して下さい!

今回のnoteは比較的ポジショントークが強めです。苦手な人は、そのまま前のページに戻るか、このページを表示するタブを消して下さい。

「お客様の声」って大事ですよね。

CoCo壱番屋の社長は1日をアンケートで始まり、アンケートで終えるそうです。だからでしょうか、特にチェーン系飲食店に足を運ぶと、必ず「お客様の声をお聞かせ下さい」というアンケートはがきが置かれています。

お客様の声を聞いているの

もっとみる

正解のない世界で、筋の良い"仮説"を大量に発見する方法

2007年から11年間、デジタルマーケティングの効果測定を行うシステムの開発、企画に携わってきました。主にエンジニアとして、時にセールとして現場に出て、様々なマーケターの方々のお話を伺ってきました。

「仮説を考えるのは大変だ!」

皆、口を揃えて言います。デジタルマーケティングは自動化が進んでいるとは言え、何故そうなるのかという仮説を考えないといけないようです。

ちなみに、私自身は仮説が浮かば

もっとみる

CVをデータでなく人間として見る難しさ

先週公開したnoteの反響の高さに驚いています。「そんなことも分からないのか!」とマーケターやデータサイエンティストから批判されるのかと思っていましたが、賛同の声を多くいただいた印象を抱いています。

中でも、データから仮説を考える難しさについて、多くの人が同じところで悩んでいるんだなぁ…と知れて安心感を覚えました。「どうして良いかわからーん!」と本音を吐露して良かったと思いました。

ありがとう

もっとみる

マーケターの皆様、質問があります。データってそんなに万能ですか?

なんだか偉そうなタイトルを掲げてしまい、大変申し訳ございません。まずは謝罪させてください。

かれこれ3年ぐらい前から気になっていたのですが、どうしても表現できる言葉を持ち合わせていなくて、ずっとモヤモヤしておりました。

が、自分の疑問を表現できる適切な言葉が一向に浮かんできませんので、以前からずっと感じていた疑問をとりあえずnoteに記そうと思い立ちました。

改めて、失礼を承知で、こんな質問

もっとみる

消費増税問題は、グループシンクに陥っていないか?(月例経済報告と景気動向指数の乖離を分析した結果より)

消費税10%への増税を巡る議論が活発に行われてきましたが、経済財政運営の基本方針(骨太の方針)の素案が6月11日に発表され、いよいよ増税は間違いないかな…と考えております。以下は日経新聞の記事より。

政府は11日、経済財政運営の基本方針(骨太の方針)の素案を公表した。今年10月に消費税率を10%に引き上げると明記した。「海外経済の下方リスクが顕在化する場合には機動的なマクロ経済政策を躊躇(ちゅう

もっとみる