義務教育の制服に思うこと


制服文化は、いろんな意味での安心文化だとかねてより感じている。

外れず、外れさせず、外さず、

人並みということをポジティヴな意味で捉える心が求める

安心感の目に見えるもの。


でもその安心にはそこそこ高い代償がつく。

義務教育なのに入学時に中学校の制服に加えてジャージなど揃えるものは

トータルで5万円前後はしたと記憶している。

それをすべての子どものいる国民が当たり前のように買っている。

しかし、ひとたび何かの理由で転校すると(これには親の仕事の都合の転校だけではなく、不登校、いじめなどによる転校なども含む)

ほとんどの学校が違う制服なので

また5万円前後がかかるのです。

特にいじめなどで不登校からの転校は心理的に考えても

あえてみんなに馴染めるようにそうするのだと思います。

そのままの制服で通す子は少数派なのです。


しかも制服って動きづらい、ストレッチ性もない、暑い(!)、傷みやすい、

汚れやすい、頻繁に洗えない、etcetc....

だからと言って

私服にすると経済格差が見えてきてしまい子どもの心にもよくない。


であれば、、、

義務教育のうちは標準服(学生服)を廃止して

日本全国統一の指定ジャージにして色を自由に選択できるようにするとか。

都道府県の形の枠の中に校章をプリントした布(ジャージと同生地)を

ジャージに縫い付けるとか。

プリントは学校別、地区別にカラフルにしたり

委員会活動や部活で暗くなってから帰るの子の安全のためにも

夜間蛍光剤を混ぜて作るとか。

そうすれば転校したらその校章の布の縫い付けだけの購入で済むので

かかっても500円くらい?


成長期の子どもたちの身体を締め付けないジャージで

脳までちゃんと血液が届くし健康的。

しかも成長期なのだから、もっと着心地のいいものを着せたいです。

そしてどれだけ買い換えたらいいの⁉︎というくらい成長します、この時期。

あっという間に、つんつるてん!!!


前の晩夜遅くまで起きて寝不足の運動不足の子だって

ジャージならちょっとストレッチしようかななんて思うかも。

生理が始まった女子も冷えが緩和されて、お腹が温かいし安心。

地震大国の日本、災害時にも逃げやすく動きやすい。

LGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、ジェンダークィアの略)の子どもたちの心理的にも

とてもいい考えだと思うのだけど。


かつての中学生は大人になって、

合理的に、便利に、と効率よく、などと

長年にわたりハードワークで日本や世界に素晴らしい功績を残し

色んなことを推し進めてきているけれど、

自分たちが小さかった頃

通ってきた不便さを見直して

制服だけじゃなくて

これから日本を支えていく若い世代から

どんどん『ありがとう』が聞ける世の中にしていけたら

日本はもっともっと素敵な国になるなぁ。


子どものありがとうは

その親のありがとうにつながっていく。

親にしたら、こんな安心感ってないと思います。

そして誰もがそれを快く思えるようなシステムが育ちますように。


PS どうかジャージは今のようなセンスのない

  所謂「芋ジャージ」ではなく

 adidasやpuma、Nikeなどが協賛したくなるような

 日本のカワイイ文化を反映したスタイリッシュなもので!(切望!笑)








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

北海道の森でお店を開きたいクリスマスおばさんです。 あなたにもサンタクロースからの御加護を🎅HoHoHo!!🎄

merry xmas 🎅🎄
3

19月YOKO

C'est Noël tous les jours

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。