強いハンドオフは「上腕三頭筋の強化」から

ボールを持った時に相手のタックルを外すプレー「ハンドオフ」。僕は高校の時「ハンドオフを強くするなら胸筋を鍛えろ!」と言われ続けていました。しかし、今思えばハンドオフで使っている筋肉は上腕三頭筋じゃん!!となってます。

ご覧の通り、胸の筋肉は一切使っておりません(笑)ヒジが伸展(伸びる)する時は上腕三頭筋を使い、胸の筋肉は外から内に引き寄せる時に使うので、タックルのバインドの部分で働きます。


そして本日紹介するトレーニング「ライイング トライセプス エクステンション」(長いな…)

名前は長いですが、動作は簡単!

①一番上からおデコに向かって降ろす

②頭の側を通り下まで降ろす

これ実は「2段階モーション」で鍛えております。(難しくないよ)


どこが鍛えられるの?

一番最初①おデコまで降ろすは外側頭(レッド)。次に②頭の側を通り下まで降ろすで長頭(イエロー)をストレッチさせて鍛えます。長頭は肩甲骨から付いているので、ヒジが背中の方向に行かないとストレッチされません。


グリップも大事(親指を使わない)

グリップを変えるの理由は「狙いたい筋肉を決める為」です。

今回は親指を使わないサムレスグリップで行います。このグリップですると外側の薬指と小指に力が入りやすくなります。すると尺骨神経と言う神経が働き、上腕三頭筋を刺激しやすくなります

違う部位だと広背筋も効かせやすいので、ラットプルダウンなどの引く種目でもサムレスグリップでやった方が良いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

腕を鍛えるトレーニングを紹介します。
1つのマガジンに含まれています

コメント1件

勉強になりました。この種目好きなんですけど、長頭とか二段階での部位の違いがわかってなかったのでありがとうございます‼️
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。