上腕三頭筋を「アゴを下げてストレッチさせて鍛える」

上腕三頭筋は腕の中で一番大きい筋肉です。腕を太くしたい場合は必ず鍛えなくてはいけない部位です。


ポイント 

①動作の中でアゴの上げ下げを意識する(体の連動性)

②お尻で重心を支え、グリップは強く握らず、手のひらで下に押すイメージ


鍛えれる所


上腕三頭筋は肩甲骨から始まり、ヒジで終わる筋肉です。



体の連動性を意識してアゴの上げ下げをする。

動作の中でアゴを上げる理由は上腕三頭筋に力を入れる為です。反対にアゴを下げる理由は上腕三頭筋をストレッチさせる為です。

全てが当てはまる訳ではありませんが、後ろ側にある筋肉(背中、大腿二頭筋、上腕三頭筋など)はアゴを上げた時に力が入りやすい状態になります。そしてストレッチをする場合は、反対にアゴを下げるとストレッチしやすくなります。



お尻で重心を支え、グリップはあまり握らない

アゴの上げ下げを安定して行う為にお尻で重心を支える必要があります。

またグリップを握りすぎると刺激が上腕部に行くので、強く握らず手のひらで下に押すイメージで行うと良いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

腕を鍛えるトレーニングを紹介します。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。