自分の人生をデザインする仕組みづくり

この数年、日常的に意識をしていること。
それはコミットメント

自分の現状に満足せずに、日々情報をアプデしてる。
すると、こうしたい、あれがしたい・・・ビジョンや好奇心が無数に浮かんでくる。
そんな中、日々時間はあっという間に過ぎていく。
でもこのままでは、何を形にすることができるのか。
私は、何かを形にして継続させていく力が圧倒的に足りなかった。
イコール目標を達成できなかった。

1年くらい前から、リングノートを使って思考を整理する時間を作っている。

私は、視覚的に整理した方が理解しやすいので特に合うのかもしれないけど
毎月、今月何をしてきて、来月どこに向かうのかというビジョンをまとめると共に、ざっくりとタスクに落とし込むようにしていて、post-it にTODOしてる。

そして、思考を言語化できるまで時間がかかるので、直感で何かを進めてしまうことが多く理由は後からついてくる。
それも少し、バランスを整えたかった。
今までとにかくインプット過多だった、リアルでもバーチャルでも。

最近はインプットは限定的でアウトプット力が問われるシーンが増えている。
その動きに移行できたのも、余裕を持って思考の整理ができていることで無駄な時間を使うことが少ないからだと思う。
時間の使い方が圧倒的に変わった。

誤解がないようにお伝えしておくと、ぼーっと過ごしたり、長電話したり、映画を観たり。
そういう他愛もない時間は無駄な時間ではなくて、むしろそれを共にできる人とゆっくり時間を堪能できることは最近大切にしていることの1つだ。

自分が何のために生きているのか。
より良い自分になろうとしているのか。
私にとってその答えは、今も昔もずっと変わらず、一番近くにいる人たちとあたたかな時間を過ごすこと以外にないから。
なので、その月間ビジョンの中の1つに「誰と過ごしたのか?そして誰と過ごしたいのか?」という自分への問いかけもある。

そんな意識の変革があって、カレンダーのように年間実現リストを多用してみたら、その通りに事は運ぶようになった。
何かを形にすることが不得意だった私でも、自分で自分の進む道をデザインすることで理想に近い現実を歩むことができている。

この癖をライフスタイルに取り入れて、良かったと思うことの1つにポジティブな思考でまとめているから
自分が思う不要なことや人には時間を一切使わなくなる」っていうのがあると思う。
これによって、隙間が生まれる。
そこに、余裕が生まれて大切な人たちと良い時間を過ごすことができるようになる。
読みたかった本を読んだり、ゆっくり寝ることもできる。
常に、そのビジョンを見ながら軌道修正をしつつ、新たな悩みや難題が増えたら、それをどう解決していけばいいのか対処する道を考える。
まずはコミットメントする力が備わったと思う。(自分なりにだけど)

私が続いたコツは_____
・決して無理をしないこと
・現状に感謝をし欲張らないこと
・しなやかに柔軟であること

記憶力がある人は、ノートがなくても自分の人生を思うように運ぶことができると思うけど、私みたいにすぐ忘れるポンコツ人間には、この仕組みはとても良かった。

自分の人生で何を大切にしたいのか。
それには、今何が必要なのか。
そして、今自分は何を持っているのか。
もちろん転び続けることもあるけど、なぜ転び続けるのかその理由も見えてくる。
それでも難しい時は潔く諦めることも選択しやすい。
繰り返していくことできっと、自分が叶えたい方向を実現できる。
過去のノートをパラパラと眺めながら、その時の自分と対峙し、一生懸命に人生を歩むことをこれからも大切にしたいとそう思った。

《お知らせ》
私は、enkaraという保護犬メディアを運営しています。
今週の``元保護犬と暮らす家族のセカンドストーリー``を公開しました。
取材をさせていただきながら、自分自身の人生やコミットメントについて振り返る機会をいただきました。ひめちゃんありがとう。もし良かったらご一読ください♪

==========================
▷ 私が愛用しているノート(EDIT アイディアノート)

==========================

今日も、noteを読んでいただきありがとうございます。
今週もスタート、爽やかな風が気持ち良い季節。
皆さんは、どこでどんなランチを召し上がりますか?

Kaori



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

Kaori

愛玩動物飼養管理⼠ DOGLifeShopを10年間経営の後、ITベンチャー企業にPR/IR参画。現在はPRフリーランス。⽝と暮らしから⽣まれるハピネスをより多くの⽅に周知し、⽝と⼈間のより良い未来の形を⽬指しチャレンジ中!https://www.enkara.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。