sharefun®(しゃれふん)について

1
ノート

被災地でしか作らないというポリシー【sharefun®(しゃれふん)】

喪失感でいっぱいでしたが、目の前に仕事があることのありがたみを実感しました。収入ではなく、やることがあるというのが、一番の救いに。
<明日起きた時にやることがある>このことがこんなに幸せなんだとあらためて実感しました。

3.11から8年が経とうとしている。
あれから多くの人の人生が変わった。直接的に被害にあっていなくても、生き方そのものが変わった人も多い。自分もその一人。

1995年の阪神淡路

もっとみる
そんな!嬉しい!!
7