抹茶のタルト

今回は和のテイストのお菓子を紹介します。京都産の宇治の抹茶を使ったタルトです。

僕が生まれ育った京都はみなさんがイメージするようなお寺がある京都ではなく、日本海側の北部で生まれ育ちました。なので、普段から抹茶などは身近ではなかったです。ケーキを作るようになってから京都など、地方の食材の素晴らしさを考えさせられました。素材をいかに際立たせるか、そこをこのケーキで表現しました。

⭐︎タルト生地(フォンセ生地)ー レシピ、薄力粉292g、グラニュー糖80g、バター187g、卵黄53g、牛乳7g

⭐︎抹茶のアーモンドクリーム ー レシピ、アーモンドプードル54g、粉糖54g、全卵1コ、卵黄12g、卵白11g、水11、薄力粉22g、抹茶5g、バター41g、卵白40g、グラニュー糖8g

⭐︎小豆ペースト ー レシピ、あんこ50g、栗リキュール(あれば)5g

作り方 ー タルト生地 1、バターを常温に戻しておく。2、常温に戻したバター、卵黄、グラニュー糖、牛乳をボールに入れ混ぜる。3、2に振るった小麦粉を入れ混ぜ、生地が一体化すればラップに包んで一晩冷蔵庫で寝かせる。4、寝かせた生地を綿棒で伸ばし、タルトの型18cmに敷き詰め、フォークで軽く穴をあける。5、重石を乗せ、オーブンで160度、20分焼く。

作り方 ー 抹茶のアーモンドクリーム 1、全卵、卵黄、卵白11g、水、バター(レンジで温め溶かす)をボールに入れ混ぜる。2、振るったアーモンドプードル、粉糖を1に合わせ混ぜる。3、卵白40g、グラニュー糖でメレンゲを作る。4、2と3を合わせ生地は完成。

作り方 ー 小豆ペースト 1、市販のあんこ(缶詰)と栗キュール(無ければ芋焼酎)を合わせ、少しあんこをのばし完成。

組み立て 1、タルト生地が焼けたら、一度粗熱を取る。2、粗熱が取れればタルト生地の小豆ペーストを敷き詰めます。3、その上に抹茶のアーモンドクリームを入れ、オーブンで170℃、15分焼きます。

この状態に焼ければ、ほぼ完成です。あとは、抹茶の粉を振るって綺麗な緑の抹茶のタルトが完成します。

お好みの大きさにカットして、アイスやナッツ、きな粉、黒蜜などをかけてお召し上がりください。和テイストのタルトの完成です。本日、紹介したタルトの生地があれば色々なテイストのタルトが作れます。家庭でお試しください。2月もお疲れ様でした。

この続きをみるには

この続き:0文字

抹茶のタルト

KENTA

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

KENTA

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。