見出し画像

保有しなくなる時代

こんにちは!

サブスクリプションについて

最近ですね「サブスクリプション」という言葉を良く目にしませんでしょうか?

サブスクリプションとは、ざっくり言うと月額会員制で色んなサービスを受けられる。
いわば「権利」に対してお金を払うビジネスモデルを言います。

もうここ最近では、サブスクリプションサービスを提供している企業は多いのではないかと思います。
例えば、映画など見れるネットフリックスやHulu。
音楽は、スポティファイやアップルミュージックなどなど。

僕たちの身近な所で実はもうサブスクリプション化されているものはある。

メリット・デメリット

では、何故企業はサブスクリプション化したビジネスを普及させているのでしょうか?

それには、理由がいくつかあるかと思いますが。


1つは安定した収益を得られるからかと思います。
また新規の導入障壁を下げ、利用者増加に期待できる。
デジタル、アナログ問わずさまざまな業界や業種で導入できる
あとはデータ化/リスト化もしやすく人によってサービスを変更したりなどなど企業側としてもメリットがあるからですね。

顧客側にとってのメリット

では私たち顧客側としてはどうでしょうか?

安定的にサービスを受けられる上に、月額の費用も低いためハードルも低く行えるかと思います。
モノを持つ必要がなく、モノを置くスペースや管理する手間もかからない
いつでも解約できる

顧客としてもメリットは大きいかと思いますね。

サブスクリプション導入例


1つ例として、
僕は車を保有しておりません。
関東に住んでいればそこまで車を乗らなくても生活ができるくらい交通の便が良いのですが。
しかしながら、「何か大きな物を運びたい時」や「車を使って旅行」や「車でないと行けない場所」などは車が必要になるかと思います。

そんな時はレンタカーで十分なのですが(笑)

レンタカーを借りる費用と同じ位で、3ヶ月車を保有できるサービスがある事を知っのがきっかけです。
要は月額何円か払えば、ファミリーカーを保有できる。
普段から車は要らないけど、車が欲しい時に便利なサービスですよね?
車を保有するのにも、メンテナンスや車検、税など考えなければ行けませんが。
その心配は要らない。必要なければ返せば良いのですから。


他にもクリーニングを行ってくれるサービス。
実はラーメン屋やカフェもサブスクリプションを行っているお店もあります。


荷物を保管できるサービスや本や服もサブスクリプション化しているサービスもあります。

まとめ

と言う事は今後、自分達はほぼ物を所有しなくても色々なサービスを受けれる時代になってきているんじゃないかな?と思いますね。

なんなら家電や食材などもサブスクリプション化している企業もありますからね。


こちらは価値観もありますから、所有した方がお得な場面もあります。
しっかりと自分の現在と照らし合わせて、良い方を選択するのがベストかと思います。

今日は以上です。

ありがとうございました。

.............................................................................................................................

毛利和裕/Kazuhiro Mouri

twitter

instagram

facebook


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

Kazuhiro Mouri/毛利 和裕

経営者であり投資家であり自由人であります
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。