見出し画像

食後の仮眠は健康に良い?

こんにちは。

皆さん食事をとった後に眠気に見舞われることありませんか?

僕はよく食後に眠気に襲われて仮眠を取ることが多いのですが。
これは健康に良いのか?悪いのか?調べたのですが。

驚きの結果でしたので、シェアしたいなと思います。

まず何故食後に眠気に襲われるのか?ですが。

画像1

満腹ホルモン「レプチン」の分泌
満腹になると、脂肪細胞から「レプチン」というホルモンが分泌されます。「レプチン」には、胃腸の動きを活発にして消化を促進すると同時に、眠気を誘う働きがあります。

血糖値の低下
食事をした直後は血液中のブドウ糖の濃度「血糖値」が急激に上がりますが、一定時間を過ぎると下がります。血糖値が下がると、脳が「疲れを感じている」と判断し、身体に「休みなさい」という指令を出します。すると身体が休息モードになり、眠くなります。


では、食後の仮眠は健康に良いのでしょうか?

画像2

結論=実は良いんです!しかし寝方やルールによります。


下記URLを参考にご紹介いたします。
https://lala-clinic.jp/article.php/20180119165242170

まずメリットとしましては。

●脳がリフレッシュする
食事をすると食べたものを消化するためにおなかに血液が集まります。満腹になると頭の血流が悪くなるので眠くなり、ぼーっとした状態になり眠くなります。この状態では仕事も勉強もなかなかはかどりません。そんな時は少し横になり短い睡眠をとることで脳を活性化させることができます。頭をスッキリさせた方が意識がハッキリするので、作業も捗るでしょう。

●消化が促進される
先述通り、満腹になると頭に血液がいかなくなるので眠くなってしまいます。こんなときは身体を動かさずに横になった方が消化を促進します。
逆に、食べた直後に運動をすると血液が胃に集中できないことで消化不良を起こし胃痛などを起こす原因になるので、食休みは必要と言えるでしょう。

●実はダイエット効果がある??
食べてすぐ寝ると、太ると言われていますが、実は睡眠のとり方によっては「痩せ体質」を作ることが出来ると言われています。
食後すぐに寝ると、ノルアドレナリン(脂肪の代謝を促進してくれるホルモン)という副腎皮質ホルモンの一種が分泌されます。このノルアドレナリンがダイエットの味方なのです。
睡眠中は分泌が低下しますが、日中は意識を覚醒させ、脂肪の代謝を促進してくれます。
こう聞くと食べて寝てしまったらノルアドレナリンは出ないと思いますよね?それがちょっと違うんです。
短い時間でも食後に休養をとることで逆にノルアドレナリンの分泌が増えて「痩せ体質」になれるといわれているのです。ただし、横になって休むことでダイエット効果が得られるのは昼食後だけです。
夕食後は逆に太る原因になりますので横にならない方がいいでしょう。
脳がリフレッシュする。


ベストな仮眠のとり方

●寝る時間は20分以内に!!
食後に眠くなって寝すぎてしまうと深い眠りに入ってしまい、目が覚めて身体が起きていても、脳が眠っている「睡眠慣性」がはたらきやすくなります。睡眠慣性がはたらくと、頭や身体が重くなるという症状が出ます。30分以上寝ると深い眠りの段階に入るため、仮眠をとる時間は15~20分にしましょう。

●14~16時よりも前に食後の仮眠を!
人間の身体には、「体内時計」という機能が備わっています。その機能のひとつに、脳の疲労を小休止させる「半概日性リズム(サーカセミディアンリズム)」というものがあります。12時間周期で睡眠と覚醒のリズムをつくっており、このリズムによって自然に眠気がくる時間帯があります。その眠気のピークが14~16時の間です。
これよりも前に仮眠をとると、目覚めた後も脳がすっきりしやすいため、14~16時より前に食後の仮眠をとるようにすると脳にたまった疲労物質(睡眠物質)が解消され、集中力がアップします。


夕食は就寝の3時間前までにすませるのがオススメ!

画像3

食後に寝たくなったときには、時刻と時間に気をつけることが大切です。

たとえば、夕食後に眠くなって朝まで寝てしまうと、夜の睡眠の質が下がってしまい疲れがとれなくなります。一方で、昼食後に適切な仮眠をとると、疲労回復に効果的です。
食後の仮眠でメリットがあるのは、いずれも昼食後のこと。

夜遅く、夕食の後ですぐに寝るのは百害あって一利なし。ちゃんと寝ているつもりでも睡眠の質を下げる懸念があるばかりでなく、牛や豚、肥満に向かって一直線! の原因にもなってしまうので、注意してくださいね。

まとめ

結論としては、夜、寝る直前の食事はキッパリとやめましょう、ということですね。

夕食は就寝時間の3時間前までにすませるのがオススメです。
とはいえ、「仕事などで帰宅時間はどうしても遅くなるし、食後3時間も待つと睡眠時間が足りなくなる!」という方もいることでしょう。そんな場合にオススメなのが「分食」です。
残業前など、18〜19時くらいを目安に軽く何かを食べておき、帰宅後には、ほんの少しだけ、空腹を癒やす程度に食べるだけにするのがオススメです。

..............................................................................................................................

毛利和裕/Kazuhiro Mouri

画像4

twitter

instagram

facebook


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読み頂き誠にありがとうございます。あなたが少しでも変われる(前進)できる記事になっていれば嬉しいです♩時間があったら見に来てね!

嬉しいです!ありがとうございます!
3

Kazuhiro Mouri/毛利 和裕

経営者であり投資家であり自由人であります

Kazuhiro Mouri's Mag

ジャンルレスでためになる情報を提供して行きます。 良い情報を提供できるよう不定期で発信しておりますので。 見ていただけましたら幸いです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。