演出ノートはじめました。

これから少しずつ、自分の記録のためにも、《演出ノート》として、演劇に対してや、演出に対しての考えなど、今やろうとしているコトや、今思っているコトを書き記していこうと思います。

僕が「演出家になりたい」と思った時から考えているコトは、《行動と感情》について。

何だかんだ言って結局、見え方や見栄えを気にするコトが多いので、こちらで《行動線》を引かせてもらうコトがある。

それは上手く行けば、《感情の行動線》となり、自然な形で役者の感情を引き出しやすくなるコトがある。というのが、最近、分かってきた。

そういうコトなども、ここ数年関わらせてもらった作品などを思い出しながら、自分が何を考えていたのか、何を考えているのかを書き記して行こうと思う。

+++

こちらからどうぞ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

河口琢磨

舞台芸術家。主に演出と照明。1年の約4分の1は講師。

演出ノート

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。