猫ショートショート

ツンデレの極致よねw

子猫には勝てないしw

◇◇◇

「クラリス」

その子は何も考えていないように見えた。
後にそう思うのは、こちらが完全に相手の支配下に入ってしまったことすら気づかなかったからだ。

こちらのことなんか全く気に留めない様子が、それに拍車をかけることになった。明日の天気でも気にしているかのような眼差しと、その仕草は確かにそうだった。
余計に気になった。こちらの方が気を使って、少しでも構う素振りをしたりすると、途端に身をよじって離れようとするから始末におけない。

仕方がないから、少し間を空けて手招きをすると、人懐こい目をして近づいて来た。そして意外な事に足元にピタリと沿って離れなくなった。これがツンデレの極致。
そのギャップに、驚いているとヒラリと身を交わしてジャンプしたかと思うと膝の上に座って澄ました顔をする。

それから、彼女はずっとそばから離れない。
朝も昼も、それこそ夜もこの膝の上が「クラリス」の指定席になったのはあの時からだった。

[400字]

◇◇◇

400字小説のショートショートガーデン。

一人で3作までは、投稿しても良いってルール。

これが2つ目w


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくれてありがとう😊 「スキ」♡ボタンはユーザー以外誰でも押せちゃいます。お気軽にポチッと下さい。ついでにフォローもw そこまでするなら、思い切って「サポート」してくれると喜ぶケロwww

スキっていい😋大好物です。
15

なんちゃっての小箱

なんちゃって作文の倉庫にしました。 ■1000字小説 ■54時物語 ■140字シリーズ 「140字小説」「140字レビュー」「140字エッセイ」「140字コラム」とか140字にまつわるあれこれ。
1つのマガジンに含まれています

コメント3件

ハゥゥヾ(≧∇≦)
尊いですっ☆🐈
面白かったです。
400文字の世界。
400文字なのに、こんなに伝わってくるのは流石
勘我得さんですね☺️
次も楽しみですね。
あははは。ありがとです。
けどwハードルはあげないでケロ🐸💦
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。