【タイ仕入れ】プロバイヤーも訪れる真夜中の仕入れ場所とは?

こんにちは。アカウント「Freedom」と申します。

ご覧いただきましてありがとうございます。

「タイの仕入れ場所」に興味をお持ちではありませんか?

私はタイ旅行ではバンコクの仕入れスポットに行くことが楽しみです。ガオパオライスやトムヤムクンなどを食べることも楽しみの1つです。

ところで、バンコクで仕入れできる場所(市場)の営業時間は基本的に昼間の営業です。

しかし「深夜の時間帯」に買い付けできる「場所」があります。

その場所は、プロのバイヤーも夜な夜な商材を仕入れにくる場所です。

今回はこちらの場所をご紹介させて頂きたいのですが、もしタイの仕入れ場所に付いて、すこしでも情報をお探しでしたらご覧頂けたらと思います。

もちろん誰でも簡単に買い付けできる場所です。

■補足1 この記事が向かないケース

・すでにバンコク市内の買い付けマーケットを知っている

・バンコク市内の仕入れ経験が豊富な方

■この記事が役立ちそうな方

・深夜の仕入れ場所に興味をお持ちの方

・プロバイヤーも訪れる仕入れ場所を知りたい方

・男性用レザー小物入れなどの仕入れをお考えの方

・指輪やピアスなどのプチプラ商品をお探しの方

・タイ仕入れのどんな情報でもお探しの方

・タイで売られている品物を見に行こうと考えている方

このような感じの方などに向いています。

この記事をお読み頂くことで、タイ人バイヤーも訪れる深夜の仕入れ場所を知ることができます。

規模はあまり大きくない感じなので、”個別の店舗も把握”できます。

大規模マーケットの場合 市場自体の存在を知っていても、
具体的な個別の店舗を把握するまでには時間なども必要になります。

またレザーウォレットを例にメルカリでリサーチした簡単な感想も追加しました。

この続きをみるには

この続き:3,905文字/画像11枚

【タイ仕入れ】プロバイヤーも訪れる真夜中の仕入れ場所とは?

Freedom

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Freedom

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。