見出し画像

お〜いお茶の俳句

どうも。
Kabaddiです。
気温は下がらないし日差しもまだまだ厳しいのに日が暮れるスピードで秋を強く感じます。

今日は真理に近づいた話。

お〜いお茶の俳句

お〜いお茶、ありますよね。
むかしからあるお茶飲料。

自動販売機でも買うだろうし、なんかの集まりがあったら紙パックで出てくるあのお茶です。

なん年前からは知りませんが、あのお茶のパッケージに俳句が書かれるようになりました。

一般の方から募集したもののようなんですが、これがなんとも味があっていいんです。

今日発見してハッとした句がこちら。

雨上がり
ひとみつらぬく
光の矢

これを11歳が詠んだというのです。
この景色の見えるような17文字。

おそらく夏でしょう。
15時過ぎに降り出した雨が止んだ17時くらい。

眩しすぎる西日が雲の隙間から差してくる。

通り雨のおかげでなんだか空気も澄んでいて遠くまで見渡せる。

雲も空もオレンジ色をしてるけれど、太陽から光の矢が飛んでいるのが見える。

それをひとみで受け止める。

なんて素晴らしい。
思わずこれが掲載されているパッケージを買ってしまいました。

販売戦略としては最高です。

今日は日本人として俳句に感動したそんな1日でした。

ではまた明日。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

Twitter:https://twitter.com/KabadieCarolan マガジン「100冊読み」「CAROLAN'Sにまつわること」を連載しています。よければ読んで、よければスキを押して、フォローしてリアクションメッセージをご確認ください。

よければフォローお願いします!
14

Kabaddi(CAROLAN'S)

Kabaddi :カバディ CAROLAN'Sのギターボーカル Twitter→https://twitter.com/KabadieCarolan 音楽と本が好き。音楽と本の話からいろんな話をしていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。