ジバコ

昭和の東京の風景と当時の世相風俗に興味があります。 1960年代生まれとして、昭和のカルチャーを後世に伝えたいと思っています。 仕事:キャラクターマーケティングコンサルタント

近い将来の日本の姿(7)

券売機が新しくなったことに文句を言うおじいさん

ある地下鉄の駅でICカードにチャージしようと券売機に並んだ。
そこは3台あるのだが、2台が点検中で使用中止になっていたので、
1台に並ぶしかない。ラッシュの時間帯でもなく、自分自身は
急いでもいないので、特に気にすることもなく待っていた。
前に並んでいたおじいさんの順番になった。
切符を買うのか、チャージをするのか、いずれにせよそんなに
時間はかか

もっとみる

近い将来の日本の姿(6)

先日、昼食には少し早い感じだったが、混む前にと思い、
ファミレスに入った。
「おひとり様ですか?空いているお好きなお席にどうぞ!」
店内はまだガラガラだったので、2人用のテーブルに座った。
メニューを見る必要もなく、すぐにその日のランチと
ドリンクバーを注文した。アイスコーヒーを取りに行き、
席に戻ると目線の先にシニア女性の背中が見えた。
そこは一人用の席で隣席との間に仕切りがあり、席が
いくつか

もっとみる

阿佐谷に「ありあけ」があった頃

JR阿佐ヶ谷駅の南口に出るとアーケードの
商店街「パールセンター」があります。

毎年8月初旬には七夕まつりが開催され、
隣の高円寺の阿波踊りと並び、夏の風物詩に
なっています。

そのパールセンターにかつて「ありあけ」という
玩具店がありました。残念ながら2008年の夏に
閉店し、今は携帯ショップになっています。

写真はいずれも2008年8月12日撮影。

私は現在50歳(2019年6月現在)

もっとみる

Apple Pay!?!?

ちょっと一休みと思い、すぐ近くのマクドナルドに入った。

今のマクドナルドは、スタッフの陣容がイマドキだ。

年齢や国籍など関係なく、店舗運営がされている。
これからの日本は、こういう方向になっていくのだろう。

さて、そんな中で目撃したインパクトな一コマを
お伝えします。

カウンターで注文を取るのは、シニアなおばさま。
そこへ男性客が来店。

注文した後に「Apple Payで」と一言。
言わ

もっとみる

何でも聞いてみないとわからない

先日、仕事で中国人のカメラマンと話す機会があった。

この方は、数年前に日本に来て、都内で写真スタジオを
経営している。家族での記念写真や子供の成長の節目
(七五三とか入学式とか)の記念撮影が中心で
顧客は、ズバリ日本に住む中国人。

IT企業などで働く中国の方は東京にも多く住んでおり、
こういった人たちをターゲットとしている。

日本ではスタジオアリスなんかが有名で、ハイソな方々は
伊勢丹写真館

もっとみる

コレ、お金にならないかな…。

プロにタダでお願いするな!

結婚式の余興で友人のミュージシャンに一曲お願いする、みたいな話しはありがちなシチュエーションです。地元のお祭りのステージで一曲お願いします!予算厳しいので何とかご厚意で…みたいなことも‘あるある’な話しです。

本人もノリノリで了承する場合は良しとしましょう。ただ、本人は乗り気ではなく「無償・サービス」を無理強いする場面の方が多いようです。これはやはり良くありませんよ

もっとみる