お金が欲しくなってきた flow2019021501

昨日は休日ながら作業がもっとできないかということで、出先でiPadを触るなどした。夕方温泉に行くと、たまたま200円で入れてよかった。

夕食前後で絵を描くぞと思っていたところ、母から体調不良のためヘルプコールが。車で5分もしないところに住んでいるので、すぐ駆けつけて最終的には夜間救急へ。待合で父と交代し、薬をもらって帰宅したとの連絡あり。週末の食事会は母のみ欠席となった。

体調不良の原因は、寝不足と風邪気味と2日続けてのハローワークへの往復だったとのこと。その話の中で、ハローワークの求人に応募してみると、実際の面接に行ってはじめて条件が違うことが判明するというケースばかりで、今では職員の方にあらかじめ「求人票の内容に変更が無いか」を電話で確認してもらうことにしている(ほとんど変更があるという)と聞いた。

実際の条件や、人手不足に対する企業側の態度を聞いて、社会から何度かドロップアウトした人間からすると、すでに公的な就職斡旋システムが十全に機能していないのではないか。という気がしてきてしまう。

妹の学費の関係で、もう2〜3年は両親も働かなくてはならず、そんな社会の軋轢に揉まれるのを眺めるくらいなら、本当は長兄として家族を養うくらいの甲斐性が自分にあればなあ…と思ってしまう。

お金で回避できる問題は、お金で回避したい。問題を回避できる程度のお金があればいい。

自分たち夫婦の生活がなんとかなるか、その兆しさえあればいいと思っていたのが、ここに来てもう少しだけ、欲深く?なってきた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

イラストやテキストなどのお仕事を、ぼんやり募集しております

ありがとうございます!
16

dechi

flow02

1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。