あまり掘り下げるもんじゃない

はい小倉です。

令和ですね。

令和の話は皆さんそろそろ飽き飽きしてるでしょうから、

虫の話でもしますね。

皆さん虫は平気ですか?

僕はけっこう苦手です。

一度お風呂でGに遭遇した時はまじで絶望しましたね。

裸であんなのと対峙するもんじゃない。

大量のシャンプーとシャワーでなんとか勝ちましたけどね。

下手なホラーよりよっぽど怖いよ黒いアイツ。

でもね、21世紀、増え続ける人口に伴って、そう遠く無い未来に世界的な食糧難が訪れるそうです。

その救世主と言われているのが他ならぬ昆虫さん達。

なんか完全栄養食品とか言われてるくらい、いろいろ必要な栄養素そろってるらしいですよ。確か。

そして味も実は美味しいとか言われてますよね。

セミがなんだっけ?ピーナッツバター??

とか、とにかく先入観さえ捨てれば食料としてかなり優秀らしいです。彼ら。

あと増えるの早いってのも評価ポイントらしいですよ。

おぉ気持ち悪い。

でもまぁ海系の、貝とか甲殻類とかも実は相当キモいからね。

見慣れてるし食べたら美味しいって知ってるだけで。

要は食虫も慣れなんじゃないですかね。

おぉ気持ち悪い。

でもそうなったらきっと当然養殖も盛んに行われるだろうし、自然の虫達は乱獲に次ぐ乱獲ですぐ絶滅の危機に陥るでしょうね。

忌み嫌われる存在から求められる存在になった途端、種の存亡を脅かされるという悲劇。

今はうるさいと思ってる蝉やコオロギの鳴き声なんかも、そのうち有難いものになるはずです。

「おぉスズムシ。珍しいジュルリ」

と、情緒ではなく食欲と共に語られる訳ですよ。

「兄ちゃんお腹減ったぁ」

「それはホタルやない、LEDや!」

なんつって怒られますか?

店頭にも『天然ヒグラシ ¥3500』みたいな感じで高級食材として虫が並ぶことになりますね。

今恐れられてるセミ爆弾なんかも、みんなこぞって飛びつくようになります。

でも天然ゼミは保護指定されてて採ったら密漁になっちゃうから、こっそりメルカリとかで売るしかないですよね。

で、セミって書くと捕まっちゃうから、爆弾?これも勿論ダメ、ボム?ダメ、ボン?うーん、ラボン?ラボン!

『ラボン 天然 ¥2000』

とかで出品される訳です。

おぉ気持ち悪い。

手塚治虫の『火の鳥』でも確かゴキブリが食べ物として売られてる描写がありますね。

案外リアルな、しかも近い未来かも知れません。さすが神様。

生きてるうちにそんなことになって欲しくないけど、
そうなったらなったで「意外と美味いじゃん」とかいって平気で食っちゃうんだろうなぁ。

原宿のレディバードミルクティー屋さんで行列2時間待ち、みたいな。

おぉ気持ち悪い。

ちなみにカグライフにも『ラボン』という曲がありますが、セミのことではなく先輩への熱い思いを歌った元気な曲ですのでね、

是非ライブに来て聴いて頂きたいですね。

【カグレイワライブ情報】
5/15 千葉LOOK
5/17 稲毛K'sDream(カワシマソロ)
5/31 吉田町Lily
6/9 SoundStream佐倉
8/31 くさのねフェス

【画像ください】
『オレンジ』MV制作のため、皆さんから画像を募集してます。
曲を聴いてイメージした画像をカグライフのTwitterへDM、もしくはこちらへメールしてください。
info@kagulife.jp

『オレンジ』
https://youtu.be/Tb3fVYfZ6gs

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

カグライフ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。