つじつまとかそういう問題じゃないと思う

少し前の話ですが。ふとしたきっかけで、某病院のカルテを見せていただく機会がありました(※特定を避けるためにぼかしていますが、不必要に閲覧したわけではないです。念のため)。そこには、化学療法中のある患者さんについて書かれたものが入っていました。その内容をざっくり言うとこんな感じ。

嘔気なしとのことだったので(食事を)配膳したところ、数口食べてすぐに嘔気の訴えあり、つじつまの合わない発言がみられた。注意を要する。
※嘔気ないと言ったのに、食事を始めたら嘔気がすると言った→つじつまが合わない、と評価している。


これだけじゃ、具体的にどういう状況やったのかわからないです。が!!
患者さんとしては、気持ち悪さがちょっとおさまったから、少しでも頑張って食べようとしたんじゃないかな、と思うんです。でもやっぱり食べたら吐き気がしてしまった…ということではないのかな…。この患者さんのことを知らないし、私の妄想に過ぎないのだけど、これを「つじつまの合わない発言」とアセスメントするのはどうしてなんだろうと、控えめに言ってめまいがしました。。。

----------------------------------------------------

「気楽にいけば」とか、「そんな生き急がなくても」なんて言ってもらうこともあるけれど、もっともっと頑張らなアカンわ(何をかわからないけど、とにかく何かしら)。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

いつもありがとうございます(*^-^*)
11

樋口佳耶

エッセイ集

2018.3.24に作成しました。これまでのエッセイも少しずつこちらに追加していこうと思います。
1つのマガジンに含まれています

コメント6件

辻褄が合わない…💦ないわ〜
りょーさけさん ありがとうございます!
笑い猫さん 体調が悪い時、少しでも食べようとしたけど喉を通らなかったとか、このナース自身にそういう経験はないのかなぁと私も思いました。私が患者なら、こんなアセスメントされたら激怒を通り越して絶望です。
翠さん 辻褄があってなくて、だから何って感じでしょ。食べようとしてるけど食べられない患者さんがいる。この方はどういうものなら食べられるのかなとか、そういう方向に考えようよ…と言いたくなりました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。