スクリーンショット_2016-08-15_10.06.57

■いつまでも愚痴るなと怒られた話

ある経営者から聞いてもらった話シリーズでいきたいと思います。

今回話をきいた彼は、小さい頃から学校にも行かず(座って人の話を聞くのがめんどくさかったそう)自由奔放に育って、他人に目も気にしないし、親だから親戚だからというスタンスもなく、好きだから嫌いだからで(表面にあまり出さず)人を判断したりもしない。「人はそれぞれ」「時によって人は変わる」と、そのまま受け入れ、自分と相手と上手な距離感を広げたり狭めたり、によって自らが、相手と最もベストな関係をゆるくつくり、周囲と上手につき合ってるなーと、端から見ていてずっと思ってる。

そんな彼のこと。

(この記事は、『月刊 経沢香保子の本音の裏側』月額マガジンでも読めます。毎月15記事程度更新予定です。単発では100円〜300円で配信しますので、そちらのほうがお得です。私の月額マガジンの内容や運営方針、値段についてはこちらでご確認ください。)

この続きをみるには

この続き:1,216文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

『月刊経沢香保子の本音の裏側』の2016年6月〜8月の記事合計47本と女性起業家サロンのコラムから人気の3本を抜粋して収録。

または、記事単体で購入する

■いつまでも愚痴るなと怒られた話

経沢香保子 or「かほこママ」

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

40

経沢香保子 or「かほこママ」

キッズライン社長 「日本にベビーシッター文化」を広めるべく、時給1000円〜当日予約可能な安全・安心のシッターサービス【KIDSLINE】運営https://kidsline.me  FB: https://www.facebook.com/kahokotsunezawa

『経沢香保子の本音の裏側』第2巻【特別1000円オフ価格】

『月刊経沢香保子の本音の裏側』の2016年6月〜8月の記事合計47本と女性起業家サロンのコラムから人気の3本を抜粋して収録。

コメント1件

経沢さんのnote、いつも勇気づけられてます。近代史や小説から経済や人心を学べると言いますが、このnoteからもそうした機微を学ばせていただいています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。