■嫉妬や陰口に負けない具体法をプロがアドバイス

嫉妬や陰口で悩んでいる女性が意外と多い。

そう感じました。特に、女性が起業やフリーになることもマイナーな選択な上、さらに活躍しはじめると、同性からも男性からも、嫉妬や陰口を言われることが増えていって、それで足を止めてしまったり、迷いが生じたりしてしまうそうです。

ですので、女性起業家サロンでは「嫉妬や陰口に負けない方法」としてみなさんのノウハウをシェアしています。女医さんやカウンセラーの方など実際の経験談と対応策がすごく面白くて、すぐに使えるものも多いです(たとえば、高価な買い物や豪華な食事はソーシャルに上げないようにしている、など)

私は16年以上社長業をやっているので、もう自然適応してしまっていますが、苦い経験を思い出しながら、こんな風に書きました。

嫉妬や批判に振り回される人間にならないと決めてます。(個人攻撃ではない)会社の商品やサービスへの批判には耳を傾け、必要なら改善します。でも、生産性のない批判に振り回されていたら、お客様にも申し訳ないですし、社員がかわいそうだし、優秀な人間がついてこなくなると思うので。「批判する人はいなくならない、私はビジョンをそれでも実現するだけ」と、決めてます。批判する人は、その人の自信をなくして、足をとめさせたい、もしくは、その取り組みを辞めさせたいのだと思いますので、そんな思いに足を止めるのは勿体ない。そして、批判される側の人間は、覚悟が試されているのだと思います。それでもやりますかっていう。だから、自分が正しいと思うことを追求すればいいと思います。

そして、私が感動したのはプロの立場からのアドバイスでした。

「女性起業家サロン」にコメンテーターとして参加してくださっている、延べ35000人のセッションからマインドメンテナンス「シンボリックメソッド」を開発されたり、ハリウッド映画祭でレッドカーペットに招待されるまでのマインドイノベーターのはるひなたさんが、素晴らしいことを教えてくださいました。以下、本人のお言葉です。

普段、様々な方の心のメンテナンスをさせていただく中で、皆様に伝えている心の保ち方や考え方を書かせていただきますね。

まず、悪口を言う人嫉妬をする人は

1、自分に自信がない

2、頑張ればその人と同じレベルまでいけるなずなのに、自分は努力を怠っている

3、現状が満足できてない

4、自分と向き合わずに他人のせいにすることで逃げている

5、自分の立場が脅かされる不安がある

6、その人の中のこれはやらないで欲しい、やってはいけないというルールをあなたが知らずにやっていた

このようなときが多いと理解されると良いかと思います。

ですから、自分が満足していて、やるべきことをされている方は嫉妬したり、悪口を言うことはないということです。

そして、嫉妬や悪口は相手の心の問題で自分はあくまでも嫉妬する人、悪口を言う人の心の中を映し出しているだけであるということになります。

その人の心の中にあるフィルターを通して、自分の満たされないものを悪口をいったり、嫉妬することで心を満たそうとします。

認めてもらいたいという気持ちが悪口や嫉妬の感情をだし、行動をすることが多いです。

基本的に何をしても、どんなに頑張っても悪口は言われるし、嫉妬もされると自覚されると良いかと思います。

普段から悪口や嫉妬をしそうな相手には防御線を張り、周りに対してその人の良い部分を言葉にして話しておく

自分は決して人の悪口を言わない、周りがその話をしはじめたら、頷くだけであとで足を引っ張られることがあるので、そこから立ち去るなど自分の行動にも、気をつける

自分より力のある人を追い越そうとして脅威に感じると足を引っ張られるため、できるだけ顔を合わせ、まめに連絡を取るようにする

などをすると同業の先輩や身近な人からの悪口や嫉妬を未然に防げます。

意外と身近な人や知ってる人の方があなたの悪口をいったり嫉妬したりすることが多いので、自分の仕事がうまくいってるときほど身近な人を大切にすることが大切です。

また、メディアに露出しはじめると、必ず批判する人は出てきます。

熱狂的なファンがいればいるほどアンチが出てきます。

また、人気が出てくるときにはアンチが出てくるのは当たり前で、

『それがなければ売れない』

ということを理解されると良いかと思います。

『成功して結果を出している人は、悪口や嫉妬されたときの悲しみや怒りを自分のパワーにして使いこなすことができます。』

悪口や嫉妬に負けて、メンタルの面で落ち込むときは、もう追いつけないと思うほど人の何倍ものスピードで成功する方向に向けて動くことです。

また、どうしてもそこに負けてしまい辛いときは、同じ体験をされた方に相談したり、自分のことを大切にしてくれてる心許せるパートナーや家族、友人との時間を増やすようにされると良いかと思います。

誰も相談できないときは、メールに自分の心の中の悲しみや怒りを全て書いて削除するという方法もあります。

また、心のメンテナンスをされるプロの方に話を聞いてもらうことも大切です。

女性経営者の方の中には定期的に社員や家族、パートナー、誰にも言えない苦しみや怒りを話す場、気持ちの切り替えの場として心のメンテナンスを定期的に受ける方も多いです。

また、悪口や嫉妬をするような方とはあまりお付き合いをしないこと、心を開いて話す人を選ぶことがベストです。

===

すごくすごくためになったので、ご本人の許可を得て、こちらに掲載させていただきました。サロン内でも多くの女性社長およびその予備軍「本気で社会を変えよう」と頑張っている女性達の励みになったようです。(男性の方も参加可能です)

明日は私が「商品・サービス開発の視点」についてトピックスを立てる予定です。多くの事業展開をしているゲストコメンテーターも多いですし、投資家や弁護士の先生もいますので、専門家の意見も含めて、他ではない充実した内容に引き続き頑張っていきたいと思います。

上記女性起業家サロンは3ヶ月限定で、無事6月末に終了いたしました。7月からはリニューアルバージョンアップし、値段も半額になり、「新女性起業家サロン」として、引続き活動しています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

90

経沢香保子

noteで見つけた 「好き」

好きな雰囲気とかアートとか。スキの中のさらにスキを集めています。
7つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。