■女性活躍推進法に声を大にして言いたいこと

連日新聞では「待機児童問題」「女性活躍推進」など、女性が働きやすい環境をつくるに関する問題でにぎわっている。「日本死ね」のブログをきっかけに、「どう対策するのか」で国民を納得させることができなかったら、夏の選挙結果にも影響しかねない空気だ。おかげさまで、政治家の人たちも集中的に議論してくれそうなモードになってきた。

ただ、私にはひとつ疑問があり、懸念がある。「女性活躍推進法」が試行されれば真の女性リーダーが生まれ、その結果、社会が進化するのだろうか?

私は、現在権限をもっている人に、女性を抜擢する時、まず考えてほしいことがある。それは、

(月刊「経沢香保子の本音の裏側」購読者は無料でお読みいただけます。単品記事では200円にさせていただきました。毎月15本以上は更新する予定なので、月刊「経沢香保子の本音の裏側」のほうが初月も無料ですしお得です。編集方針はこちら

この続きをみるには

この続き:1,113文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

『月刊経沢香保子の本音の裏側』の2016年3月〜5月の全記事55本を完全収録。3ヶ月分料金2250円が特別1000円オフで一気読みできます。

または、記事単体で購入する

■女性活躍推進法に声を大にして言いたいこと

経沢香保子

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

33

経沢香保子

『経沢香保子の本音の裏側』第1巻【特別1000円オフ価格】

『月刊経沢香保子の本音の裏側』の2016年3月〜5月の全記事55本を完全収録。3ヶ月分料金2250円が特別1000円オフで一気読みできます。

コメント3件

「「チャンスを与えたのにだめだった」そうなってはならない。それは、両者ともに、だ。」本当におっしゃる通りです。「やっぱり女性はダメだ」という烙印はいとも簡単に押されると思うので、チャンスを与えたら男性と同じくらいだったではなく、男性よりも良かった!となるくらい、期待以上の結果を女性が一丸となって出していく必要を感じています。
女性が活躍するために本当に必要なのは、真の実力主義なのではないかと思います。女性活躍推進という取り組みの裏メッセージには、「女性は能力が相対的に低い」というフィルターがかかっているようにどうしても思えて、抜擢する側がまず考えるべきはそこなのではないかという気がしています。
女性の気配りの視点は今の社会の様々な弱者を救うのに必要だと感じてます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。