■批判のコストは永遠につきまとう

いま、ネットでは誰しもが簡単に、誰かの批判や批評ができる。

でも、うっかり何気に書き込んだことが、その人の一生を左右することすらあるということ、未来の可能性を遮断する場合があること。意外にみんな気づいていないのだなーと思うので、今日は私の実体験を書いてみたい。

いま、実名で批判する人がスゴく多いのに驚きます。

Twitterやフェイスブック、ニュースピックスで自分の意見として書くのは悪いことではないと思うが、自分の身分を明かしてまで、その書く内容が「えーーー」と思うような、単なる悪口に近い内容もある。

たとえば、私自身の経験ですが、2年前に

(この記事は、『月刊 経沢香保子の本音の裏側』月額マガジンでも読めます。毎月15記事程度更新予定です。単発では100円〜300円で配信しますので、そちらのほうがお得です。)

この続きをみるには

この続き:1,651文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

『月刊経沢香保子の本音の裏側』の2016年6月〜8月の記事合計47本と女性起業家サロンのコラムから人気の3本を抜粋して収録。

または、記事単体で購入する

■批判のコストは永遠につきまとう

経沢香保子

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

32

経沢香保子

『経沢香保子の本音の裏側』第2巻【特別1000円オフ価格】

『月刊経沢香保子の本音の裏側』の2016年6月〜8月の記事合計47本と女性起業家サロンのコラムから人気の3本を抜粋して収録。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。