スクリーンショット_2016-07-28_19.06.34

■日本人の企画化された人生はそろそろ崩壊する

先日、ある経済学者の話を聞く機会があった。「日本という国は、官僚主導でつくられてきた。でも、いま、その日本株式会社は崩壊しつつある。新しいコンセプトが必要だ」という話をしてくだり感銘を受けた。

具体的にどういう事かというと、日本はバブル崩壊まではうまくいっていた。それは人口が増え、経済成長が出来ていたからだ。なので、官僚は日本を以下のようにつくる企画をしたという。

この続きをみるには

この続き:900文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

『月刊経沢香保子の本音の裏側』の2016年6月〜8月の記事合計47本と女性起業家サロンのコラムから人気の3本を抜粋して収録。

または、記事単体で購入する

■日本人の企画化された人生はそろそろ崩壊する

経沢香保子 or「かほこママ」

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

30

経沢香保子 or「かほこママ」

キッズライン社長 「日本にベビーシッター文化」を広めるべく、時給1000円〜当日予約可能な安全・安心のシッターサービス【KIDSLINE】運営https://kidsline.me  FB: https://www.facebook.com/kahokotsunezawa

『経沢香保子の本音の裏側』第2巻【特別1000円オフ価格】

『月刊経沢香保子の本音の裏側』の2016年6月〜8月の記事合計47本と女性起業家サロンのコラムから人気の3本を抜粋して収録。

コメント1件

突然のコメント失礼します。
そういった社会になってくる中で日本人のアイデンディティって何ぞや?とちょうど考えてたところだったので、とても参考になりました(^^)
いつもポジティブな気付きをありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。