スクリーンショット_2019-09-23_10

■年収2億のキャバ嬢さんの名言

私の漫画の愛読書に一つは『女帝』

野心ある主人公の彩香が、福岡のクラブからのし上がり、最後は銀座のクラブのママになり、数々の難曲や、根深い家族問題を乗り越えながら、政財界のフィクサーとして周囲からの絶大な信頼を集め、大活躍しながら、経営者としてばかりではなく、女性としてもたいそう幸せになる話だ。

私は学生の頃から「女性としてどうやって理想の人生を生きるか」考えてきた。

専業主婦の母を持ち、これから女性が働く時代になると教えられるものの、前例、ロールモデルのない狭間の時代に、ちっぽけな私が生き延び、理想の人生にたどり着くために頭を働かせた。

男性と同じフィールドで戦っても、それは「ひめゆり部隊」となり、美談に過ぎなくなってしまうのではないか、そんな危機感も抱いた。

では、「女性である」ことがポジティブに受け取られ、かつ「社会に還元される」そんな仕事はなんだろう?

この続きをみるには

この続き:1,123文字
記事を購入する

■年収2億のキャバ嬢さんの名言

経沢香保子 or「かほこママ」

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15
キッズライン社長 「日本にベビーシッター文化」を広めるべく、時給1000円〜当日予約可能な安全・安心のシッターサービス【KIDSLINE】運営https://kidsline.me  FB: https://www.facebook.com/kahokotsunezawa
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。