森近 恵梨子

ニューヨーク生まれのアラサー。QOL向上に奮闘中!介護職8年目。小規模多機能型居宅介護→訪問介護→コミュニティカフェ併設のデイサービス立ち上げ準備中。ライター・講師。介護職の思考過程と実践過程を研究中。正真正銘の介護オタク。温泉が湧き出るまで、介護を深ーく掘り続けますよ!

介護職が自分を介護してみた 第1章 初回アセスメント④

今回は、「参加」に関するアセスメントを深堀りしていく。 本連載のこれまでの記事はこちら アセスメントを続けるなかで、既に行動が変わってきている。 2日連続、清涼...

介護職が自分を介護してみた 第1章 初回アセスメント③

今回は、「活動」に関するアセスメント。 ここは、課題だらけだ。 本連載のこれまでの記事はこちら プラス面から振り返る。 ・おおむね自立してる 自分でこう答え...

介護職が自分を介護してみた 第1章 初回アセスメント②

アセスメントを失敗すると、その後、全部うまくいかなくなる! ということで、じーっくり慎重にやっていく。 序章はこちら 第1章 初回アセスメント①はこちら 前回の...

介護職が自分を介護してみた 第1章 初回アセスメント

アセスメント 介護を始めるにあたって、まず情報収集から課題を明らかにする「アセスメント」からスタートする。そのアセスメントをもとに計画を立案し、介護を実施するの...

介護職が自分を介護してみた-序章-

これは、ある1人の介護職員(介護オタク)が、 自分の専門性を自分自身に発揮すれば、 QOL(生活の質)は高まるのか という実験を描いた物語である。 実験者でもあり被験...

選択肢は多ければいいというわけでもない

「夏だし、もっと涼しい格好したら?」 何気なく言われたりするが、 私は肌を出したくない。 数年前に、手や脚にひどい湿疹ができて、それが延々と治らない。 半袖にな...