見出し画像

【映画コラムno.3】恋せよ乙女…。

「恋する日曜日。私、恋した。」を鑑賞しました。

堀北真希さんがまだ、10代の頃の映画。私の大好きな廣木隆一監督が監督を務めた作品です。

死ぬとわかった時、
彼女は好きだった人のところに足を運んだ。
父親に何も言わずにそっと家を出た。

彼女は、最後だというのに
好きだと伝えなかった。
もう先が見えないとも言わなかった。

17年間の人生の中で
一番好きな人に会いに行ったとき
好きな人は不倫をしていた。

"奪ったら奪われるんだよ"
怒ることしかできない彼女を見ていると
哀しすぎた。

でも本当は彼女の一番の好きな人は、
父親だったのかなと思ったり。


猫は自分が死ぬと分かった時、
愛する人の前から姿を消すと言う。
彼女は自分のことを、
猫に似ていると話していた。


これが、邦画であって、邦画であって欲しい、と思う映画であった。

台湾映画のタッチに似ており私は好きでした。

現在公開中の台湾映画「台北暮色」についてもまた書きますね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけたらとっても嬉しいです。人生を楽しむために何をしようか、様々なことにより挑戦できると思います。

スキありがとうございます♡
6

カイナ・アイ

毎日がとても退屈なので始めました。 映画を学ぶ大学生です。映画と人間観察が趣味です。

映画コラム

映画好きな私が、最近見た映画について感じたことをブログで綴ったものたち。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。