ショートショート「水たまりの男の子」


 私は雨の日が好きです。

 六月生まれだからというのも関係しているのかもしれませんが、昔から雨の降る日が好きでした。

 屋根を叩く雨音、カラフルな傘やレインコート。そういったものが私を楽しませてくれます。

 そして、私が雨の日を好きな理由の一つに「水たまり」の存在がありました。

 あれはまだ私が幼い頃、雨上がりの道を母と一緒に歩いていますと、道にできた水たまりの中でなにかが動くのが見えました。

 不思議に思った私が水たまりを覗き込みますと、水たまりの向こうから私と同い年くらいの男の子の顔が覗きました。

 私と男の子は互いに驚き合い、私は母に「水たまりの中に男の子がいるよ!」と叫びました。

 しかし母は「そんなわけないでしょ」と言って笑い「ほら、なにもいないじゃない」と私の頭を撫でました。

 どうやら、私以外には水たまりの中の男の子は見えないようです。

 雨が降り、水たまりができると私は必ずその中を覗きました。そうすると、水たまりの中から男の子が覗き返してくるのです。

 水たまりの男の子はこちらを覗いている時もありましたし、お母さんやお友達と一緒に遊んでいる姿が見えることもありました。


 中学生になると、さすがに私にも羞恥心というものが芽生え、あまり表立って水たまりの中を覗くことはしなくなりました。

 しかし友達と歩いている道すがら、ちらりと水たまりを見たりすることはありました。すると、私と同じだけ大きくなった男の子も私と同じようにこちらを見ているのです。

 私たちは目が合うとこっそり笑い合ったりしたものです。


 高校生になり、クラスの女の子が同級生の誰が好きといった話に花を咲かせている頃、私はというとまだ会ったことすらない男の子のことが好きになってしまっていました。

 男の子に会える雨の日が、より一層楽しみになった時期です。

 男の子は高校からサッカーを始めたようで、私が雨の日に水たまりを覗くと、雨の中一生懸命ボールを追いかける彼の姿が見えました。


 高校を卒業した私は、大学に通うために単身東京へ引っ越しました。

 大学の入学式が終わった翌日に入学説明のオリエンテーションがキャンパスで行われました。

 そこにいた同級生たちはなんだかみんな大人びていて、垢抜けていて、私はこの先の大学生活を楽しめるのかどうか不安になりました。

 オリエンテーションが終わって帰ろうとしますと、キャンパスの外は雨が降っていました。天気予報では晴れになっていたので傘は持っていません。

 私はキャンパスの陰で雨宿りをすることにしました。

 同学年の子たちはキャッキャと笑い合いながら皆駅に向かって走っていきます。みんな、もう友達を作っているんだ。すごいな。となにか置いてけぼりをくらったような気持ちになり、私は少し泣きたくなってきました。

 と、キャンパスの屋根から少し離れた場所に水たまりができていました。

 そういえば最近、彼に会っていないな。そう思った私は不安な気持ちを彼に会って紛らわそうと、持っていた大きなトートバックを傘代わりにして水たまりに向かいました。

 私が水たまりを覗き込むと、そこにはなにも映っていませんでした。彼はおろか、水たまりはただの水の集合体となって、私の姿を映し返しています。

 こんなことは初めてでした。

 なんで。どうしても彼に会いたいのに。

 私は水たまりに手を伸ばし水たまりに触れました。すると、水たまりの表面に波紋が広がり、水たまりの中はさらに茶色く濁ってしまいました。

 私はもう彼に会えないのだろうか。

 大学生活への不安な気持ちも相まって、私の目には涙が滲みました。

 と、水たまりのそばに誰かの足が見えました。見上げると、その人は傘を私に差し向けながら「風邪を引くよ」と言ってくださいました。

「す、すみません!」

慌てて立ち上がった私に、傘の持ち主は

「あ、でも雨、上がったね」

と言いました。

 傘をたたむその男性の顔を見て、私は思わず「あっ!」と大声を出してしまいました。

「僕は入学式の時に気がついていたよ。初めまして……でいいのかな?」

そう言って笑う彼は、水たまりの向こうの彼でした。

 照れくさそうに笑う彼の後ろで、曇り空から差し込んだ日光がキャンパスを虹色に輝かせていました。


(了)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もし気に入ってくださいましたら、ぜひサポートをよろしくお願いいたします!

わーい! ありがとうございます!
7

ショートショート置き場

書いた小説(ショートショート)をおいておきます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。