「平社員デザイナー」が「社長の右腕」になるためにしてきたこと

僕はフリーランスとしてもデザインに携わらせていただいていますが、普段はとある通販メーカーに籍を置いています。

その中で、新規事業や業務改善・新しい施策などを3年以上にわたり提案し続けて、ようやく社長の右腕ポジションになりました。社長本人がどう思ってるかは聞いたことがないので、わかりませんが(笑)

少なくとも、僕はそんな気概で働いています。

そこで今回は「いち平社員のデザイナー」として入社した僕が、「経営目線を持った社長の右腕(的なポジション)としてのデザイナー」を目指すにあたり、気をつけてきたことをツラツラと書いていきたいと思います。

よろしければご覧ください。

経営・事業のためにデザインがあることを忘れない

まず1つ目。

デザイナーとしてデザイン業務をしていると、つい「自分が作りたいもの」「自分が得意なもの」に落とし込んでしまうことがあります。例えばペルソナを意識せず、自分が作りたいテイストや世界観・技術を優先してLPや広告の制作をしたり(弊社はディレクターがいないため、デザイナー自身でディレクションをします)。

デザイナーのエゴや理想の実現になってしまわないように。自分が作りたいものは、個人活動でやればいい。

なんのために、これを作るのか。誰のために。どうあるために。そこを心がけるように気をつけています。

って書いてたら、ちょうど上司ニシグチさんのツイートがバズってました。これめちゃくちゃわかります。

そもそも、僕あんまり自分が表現したい世界観とかデザインとかないんですよね(苦笑)だから突出した「ナニカ」を作ることはできないけど、言われれば何でも作る。器用貧乏なんです。

社長の手が回らない所を巻き取る

中小企業の社長は皆そうだと思いますが、様々な部署の長を兼任しています。完全な司令塔です。中田ヒデさんです。

そうすると、社内で問題が起きるとそちらにつきっきりになってしまいます。例えば人間関係のトラブル。例えばシステム関係のトラブル。外注との折衝。海外とのやりとり。

誰しも1日は24時間しかないので、疎かになってしまうところがある。これやらないといけないのにな...。誰も手つけてないよな....。

そんな部分を巻き取って、勝手に進めて途中経過で許可だけ取るようにしています。

例えば、同梱物のフルリニューアル。例えばワークショップや勉強会の開催。ビジョンとミッションの策定。コーポレートサイトの設計・デザイン・構築などなど。

そうすることで、会社としてのバランスを保つことができるようになります。

ビジョンとミッションを社員に翻訳する

社長の頭の中にはビジョンとミッションがありました。

しかし、それが社員にまで浸透していたかというと疑問です。なぜなら「ストーリー化」されていなかったから。

人って物語が好きなんですよね。それは主人公に自分を投影して、疑似体験することができるから。なんでも自分ごとに置きかえないと、深い理解を得られないのです。

そこで、社員にもっと会社のことを「自分ごと」として認識してもらうために、こんな紙芝居調のスライドを作りました。社名や商品名など一部改変・削除しています。

そして、これを社長自ら解説してもらいました。会社についてのことを物語調にすることで、少しだけ会社のビジョンを共有できたかな、と思います。

ビジョンやミッション策定については、たけてつさんのnoteが詳しいので非常に参考になりました。

クオリティよりもスピード優先でPDCAをまわしまくる

デザイナーとしては、なによりもクオリティを最優先にしたいところ。特にクライアントワークよりもインハウスのほうが納期に対しては甘い部分があります。

ついつい100%を目指してしまいがちですが、僕は70%くらいでバンバン進めていきます。最初にあった「経営・事業のためにデザインがあることを忘れない」にも通じますが、デザイナーにとっての正解がデザインの正解ではありません。

デザインの正解を決めるのは「それを見てアクションを起こす人=お客さま」です。

特に通販という業種に関しては、流行り廃りがとんでもなく早いです。クオリティを追求している間に、他社に出し抜かれてしまっては目も当てられません。

「クオリティを追求するのは自分の仕事ではない」と意識して、事業をグロースさせることを最重要課題としています。

危機感を常に持つ

これが一番大事なことだと僕は思っています。

フリーランスを経験したことで「仕事がない=死」というのを少しだけ理解しました。とにかく仕事がないと焦ります。Twitterを開けば「仕事しました!実績紹介します」「今月〇〇PV達成!」「〇〇さんとコラボしました!」といったみんなのキラキラ具合を目にして、なお焦るという始末。

とはいえ、サラリーマンという立場で危機感を持つというのは、かなり難しいです。

だって自分が少し仕事をサボっても会社はある程度回るし、給料だっていきなり無くなるワケじゃないですからね。「経営目線で仕事をすべし」というありがたい金言を目にする機会もあると思いますが、そんなん意識してできるかい!とツッコミたくなりますよ。

実際、会社への危機感を持っているのって社長と役員くらいじゃないかと思います。


だからこそ。


だからこそですよ。


「現在の状態は、常に死と隣合わせなんだ」ということを意識するんです。


戸愚呂(弟)先生も言っていました。

「元人間のオレの経験からみて 今のおまえに足りないものがある 危機感だ」
「おまえ もしかしてまだ 自分が死なないとでも思っているのかね?」

このフワッとしたお菓子のように甘いシロップかけまくりました的な『理想』から、血で血を洗う地獄のように残酷な『現実』に引き戻す感じ。

ヒリつきますね。

考え方としてはこうです。

「会社はいつか必ず潰れる」

「そうしたら自分一人の力で生きていかないといけない」

「そうなる前に社内での実績がないと、フリーランスはおろか、他の会社で雇ってももらえない」

「つまるところ、死」

そう思えるようになると、会社の仕事を死に物狂いで頑張れます。すると、当然ながら危機感の高さは仕事の姿勢にも表れます。

そうやって前のめりに仕事をできるようになると…あとはもう言うまでもないですね。そういうことです。

まとめ

まとめると、

・経営・事業のためにデザインがあることを忘れない
・社長の手が回らない所を巻き取る
・ビジョンとミッションを社員に翻訳する
・クオリティよりもスピード優先でPDCAをまわしまくる
・危機感を常に持つ

の5つです。いま思いつく限りだと。

今回は、「経営目線でのデザイナーとして」働く姿勢についての話でした。しかし、こと「社内での出世」ということであれば、また話が変わってくると思います。

そのあたりについてはブログに書いておりますので、あわせてご覧いただければ嬉しいです。

なにかの参考になれば幸いです。もし良ければ、ついでにポチッとハートボタン&フォローを押してもらえると励みになります。Twitterも宜しくおねがいします!

それでは今日も良い1日を!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

書籍やレビュー商品の購入に使わせていただきます!

励みになります!
6

デザイン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。