創業から1年、その想いのすべてを。

2019年4月23日 13時。
平成の終わりに、大きな発表をしました。

2018年5月の 株式会社TOMOSHIBI 創業から約1年弱
2018年8月の tomoshibi β版リリースから半年と少し

想定していた以上に早く訪れた転機とチャンスに、たくさんの迷いと可能性の間で揺れながらも、どうしてこの選択をしたのか。

「挑戦する人の想いを灯し続ける」ことをミッションとして tomoshibi をつくっている僕だからこそ残せる記録として、これから挑戦する人に、ちょっとの勇気と1つの実体験を提供できればと思い、創業からの1年間の振り返りをここに残したいと思います。

最初におことわりをしておくと、読んでくださる方にとって、必ずしも有益な情報かどうかはわかりません。

生き方や働き方と同様に、起業やプロダクトづくりの方法は千差万別だと思っています。僕のした意思決定や行動が、他の誰かにとっても正しいものであるかどうかはわかりませんし、実際に多くの場合、そうではないのだと思います

しかし、これから何かに挑戦しようとしている誰かにとって「こんな方法や考え方でも、挑戦していいんだな」くらいに思ってもらえれば、とても嬉しいです。

だからこそ、起業もビジネスも素人の僕が、創業から一年、何を考えて、何を大切にして、tomoshibi というサービスを作ってきたのか。1つ1つ、具体的に残します。別に何者でもない僕の考えや行動だからこそ、これから頑張る誰かの為になると思っています。

そんなわけで、必ずしも価値を保証できる訳ではありませんが、かなり赤裸々な部分まで書いています。お蔵入りにしたいくらい恥ずかしい創業当初の資料なんかも公開しているので、僕の大好きな(薄めの)アメリカンコーヒー1杯分だけ、課金制にさせて下さい。

0. 考えながら走り始めた創業期

この続きをみるには

この続き:11,133文字/画像13枚

創業から1年、その想いのすべてを。

田中 駆 / Kakeru Tanaka

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

42

PLUS ULTRA

更に、向こうへ。 日々思ったこと、考えたことのアウトプット。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。