【実験】Huuuu編集部をあなたのオフィスに置きませんか?

東京都内でオフィスやコワーキングスペースを運営しているそこのあなた。そうです。あなたです。口角が上がっていてよく笑う人生を送られているようだ。そして、自分よりも誰かを幸せにしようと頑張っている。徳の積み方が尋常じゃないようですね。うん、素晴らしい。

よかったらHuuuu編集部をあなたのオフィスやコワーキングスペースの空きスペースに期間限定で置いてみませんか?

ジモコロ、BAMP、Gyoppy!などなど、我々が手がける仕事はオウンドメディアのコンセプト決めから立ち上げ、編集部育成、メディア運用、全国を股にかけた一次情報に飛び込むことが大半です。


しかも、代表である私は長野と東京を行ったり来たりで同じ場所に存在しません。SNSであちこちから発信するため、三重残像拳のように映っていることでしょう。実際のところ、半々で長野か東京のどちらかにいます。

ですが、現場を支えるギルドメンバーは少し違います。ほとんど東京にいるため、わかりやすいオフィスに集まる理由が少ない。流浪の民として良い意味で自由度の高い働き方に身を投じているんですが、ここらへんで少し実験的なオフィスの在り方にチャレンジしてみたいんです。

普通にオフィスを借りても、有料会員のスペースを借りても、私が不在では意味がない。普通にやるのも面白くない。どうせならいっそぜんぜん違う理由で、実験的な方法で、そこにいる意義を見出したい!チャレンジ!

例えば…週2回、最大4人のスペースと引き換えに月2回のMTG実施

あらゆる企業に編集視点が求められている…って誰かが言ってます。誰なんでしょうか。でも、そんな気がする。幸いオフィスを持っていない我々は自由に動くことができます。

例えば週2〜3回ぐらい、出勤コアタイムを外した数時間、最大4人が座って作業できるワークスペースがあって。情報発信や編集、ローカル的な価値観に関心のある企業のヒアリング的なMTGを月2回実施するとか。

いかんせん地方取材や外のMTGも多いため、ずっとデスク張り付きではないんですけど、何かあったら「戻れる場所」「コミュニケーションとりやすい場所」を欲しているのは正直な気持ちです。具体的な話になれば互いに縛りすぎない取り決めができると嬉しいです。

フリーランス気質は満員電車を避けて、出社義務のない世界で生きるものの、土日は犠牲にしちゃう変な慣れが出てきますからね…。だからオフィスを構えず、ひとり独立した自分が言うのもなんですが。

で、企業側には漠然とライターってどんな仕事?編集ってなんなの?情報発信ってした方がいいの? みたいなイベントでもよく聞かれるような相談MTGにしてもいいですし、そこから具体的に仕事の受発注に繋がればお互いがハッピーハッピーです。自社でオウンドメディアやってたり、場所の運営をしていてプレイヤーを集るハブ機能を求めていたり、ローカル的な価値観に触れたりしたい会社がいいのかもしれません。

基本はHuuuuを裏支えしてくれている「友光だんご」+αのイメージ。私もタイミングがあえば東京滞在時の作業でもちろん顔を出します。そこにフリーライターや編集者、デザイナー、イラストレーターなんかが出入りするイメージです。

ふわふわしていて恐縮ですが、ざっとまとめると…

編集部を置く企業側のメリット

・情報発信・編集ライターとの接点が生まれる

・月2回のMTGで実践的な話の相談ができる

・お互いの条件があえばそのまま仕事のパートナーになれる

Huuuu編集部としてのメリット

・オフィスコストを下げて、集まる意義を生みたい

・企業との密なコミュニケーションで編集部に刺激を与えたい

・もしかしたら仕事になるかもしれない

このあたりでしょうか。

実験的な側面が強いので、最初は3ヶ月契約で様子を見ましょう! コンサルほど具体的な接し方やノウハウ提供はできないかもしれませんが、異業種との接点やビジネス的価値観との接触は、普段ローカルどっぷりな我々にとってはすごく価値があると感じています。そして需要と供給が噛み合えば、Huuuuの動きに興味がある企業であれば、おもしろい場にできると思います。

Huuuuの業務拡大を目指す

実はビジネス系のメディアの仕事を求めていますし、メディア編集の枠を飛び越えた以下のような仕事にもめちゃめちゃ興味があります。普通に雑誌・紙媒体の編集仕事もやってみたいです。

・長期的なプロジェクト案件の立ち上げ(新しい場のコンセプト作りとか)

・商品開発プロデュース(食品・雑貨・服など、めっちゃやりたい)

・飲食店・ゲストハウス・コワーキングのプロデュース(ローカルで多様な価値に触れた経験が活かせる)

・企業のセミナー設計、連続性のあるイベント企画、ゲスト選定から司会、集客の情報発信など(大企業の採用や広報に繋げる動き)

・地方含めた中小企業の長期的なブランディング伴走(WEBサイトのリニューアル、リブランディングロゴ制作のディレクションとか)

普段やっていないのでふわふわした表記になって恐縮ですが、農業、林業、漁業の一次産業からものづくり、職人、ゲストハウスや古民家再生、地方創生文脈、音楽から映画、マンガ、アートなどのカルチャーまで、持ち前の好奇心とメディア特性であらゆる価値を食べ続けてきたので気づいたらやれることが増えている感覚です。Huuuu単体では難しい仕事でも、相談できる友人知人もおかげさまでたくさん増えたので

簡単にいえば…

もっといろんな仕事したい!

そのために移動型編集部で窓口を作るぞ!

気軽に相談してください!頑張る!

以上です。頑張る。

※お問い合わせはこちら
https://huuuu.jp/contact


お知らせ

BAMPで連載していた『経営者の孤独』が遂に書籍化!(全国書店・Amazonで販売中)。8月3日(土)、銀座蔦屋書店で出版記念イベントを開催します。ぜひ遊びにきてください。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

1982年生まれ。全国47都道府県のローカル領域を編集している株式会社Huuuuの代表取締役。「ジモコロ」編集長、「Gyoppy!」監修、「Dooo」司会とかやってます。わからないことに編集で立ち向かうぞ!

これはいい夢
32

徳谷柿次郎 | Huuuu Inc.

編集者/Huuuu inc.代表取締役 ジモコロ編集長として全国47都道府県行脚して編集しています。ヒップホップ、民俗学、郷土玩具に熱心で「やってこ!」の概念を提唱中。Gyoppy!、Dooo、やってこ!シンカイ、ソトコト連載も頑張ってる。

Huuuu Zine

ローカルをカルチャーとして捉えて面白がる編集チーム「Huuuu」のメンバーが共同運営するマガジンです。大衆と本質を反復横跳びしたようなコラムを不定期にお届け!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。