見出し画像

情報に敏感に、貪欲になろうと思った

こんにちは、まるもです。
今日は拝借した「嶋浩一郎のアイデアのつくり方」を読み終えたので、感想を記録しておきます。
2007年に出版されているものですが、私にはいい学びがたくさんありました。

分類コントロール型は過去のもの

整理整頓、私も好きな方ですが、「分類してラベルのついたフォルダに情報は死んでしまう」というのには妙に納得しました。

以前働いていた職場のことをやっぱり思い出してしまいます。笑
似た者同士が隣合うシステマティックでは、なかなかいいものは生まれませんよね。

情報は多重人格

面白い言葉ですが、確かにそうだな、と納得してしまいました。
一見関係のなさそうなものが結びついて、大きな化学反応を起こしている例、たくさんありますよね。

いろんな角度から情報を見つめたり、見直して、私もアイデアを形にしたいです。

ひたすら情報収集

嶋さんの情報収集法を読んでいると、なぜか「宇宙兄弟」の「コロコロムッタ」を思い出してしまいました。
あまり関係はないのですが、こういう文章を読んだときにあのエピソードを思い出す、みたいなことも企画には役立ってくれるものだと思います。

物事の見方の幅を広げるために、情報をフラットに、同等に受け止めたいと思いました。私もこの情報収集→情報の放牧→見返し→接着を実践していこうと思います。

このやり方を実践するためにも、また読み返さなければ。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけると私がとっても喜びます🤗

3

まるも

デザイナーを目指している26歳です。graphic design/motion graphics/Unity/Swift

読了きろく

読んだ本の感想を述べます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。