見出し画像

☆182「闘争から党争からの逃走」

縛られるの嫌だなあ。
すごく嫌だ。
自分の人生を思い返すと、縛られることからの闘争から党争から逃走…って感じで遷移してることに気づく。
20代は縛る組織や社会と“闘争”してた。
30代はプロデューサーになって会社作って皆で徒党で“党争”してた。
40代は会社辞めて、今“逃走”し続けてる。

敬愛するいとうせいこうさんも『オトナの!』で言ってた。
「自分を追いかけるものから逃走し続ける」と。

自分は縛られたくないし、他人を縛りたくもない。
社会や業界や組織や掟や仕組みやしがらみや世間や忖度に、拘束されたくないから高速で逃走し続けてやる。
その知性と体力と精神力を持つ。

尊敬する松岡正剛さんが言った。
「アカデミックなモノが新しいモノに向かう時の先進性」

自分の言うべきことを言う。自分の書きたいことを書く。自分の作りたいものを作る。
そのために本を読む、人と会う、自分で体験する。学び続ける。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

角田陽一郎 kakuta yoichiro

バラエティプロデューサー/文化資源学研究者(東大M1)/「運の技術」「13の未来地図 」「『好きなことだけやって生きていく』という提案」「最速で身につく世界史」「成功の神はネガティブな狩人に降臨するーバラエティ的企画術」「究極の人間関係分析学カテゴライズド」

世界はすべてバラエティになる

cakesで連載の「世界はすべてバラエティになる」12回よりこちらでやっています。基本無料、ときどき有料です。 「どんどん世界は多様化(Variety)する」という意味と願望と、「世界のすべてはバラエティプロダクツになる」という意思と態度の表明です。 「僕はこう考えてい...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。