☆117「大事な話(ただし天才はのぞく)」

つくづく思う。人の能力っていわゆるその人の能力だけじゃないってことを。 能力以外の性格や嗜好や環境やタイミングや様々があって、その人の能力以外が能力を伸ばす時と、能力以外が能力を阻害する時がある。
つまり自分の能力を伸ばす能力を知ってる人がその能力を伸ばすことができるんだろうな。

自分の能力を伸ばす能力に気付くには、そもそも時間も努力もかかるし、周りの人の応援や教育次第でもあるし、お金や環境やそれまでの経験のフィードバックやそもそも運次第でもある。
これが最短で形成される人が真の天才なんだろうけど、僕たち凡人は能力を磨く以上にそれらをまず形成する必要がある。

なので(天才はのぞいて)凡人は自分の能力を伸ばす能力を形成するためにあらゆるその未知の可能性に対して常に誠実で謙虚であるしかない。
その時に横柄だったり怠惰だったり攻撃的だったりすると結果その形成が阻害されるし遅れるから、伸びる能力も伸びない。
つまり誠実と謙虚も能力のうちなのだ。

実はそこんとこ勘違いしてる人多い気がする。僕がお会いしたことあるすごい人はほとんど誠実で謙虚だ。つまりほとんどのすごくない人は誠実で謙虚じゃないからすごくなれないんだとさえ思う。
ほとんどの失敗は横柄と怠惰と攻撃的な行動でだいたい引き起こる。
だからいちいちそこに気をを配るしかない。

これは自分も含めた全ての「あらかじめ決められた天才たちへ」のメッセージであり、「天才になれなかった人たちへ」のレクイエムです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

55

角田陽一郎 kakuta yoichiro

バラエティプロデューサー/文化資源学研究者(東大M1)/「運の技術」「13の未来地図 」「『好きなことだけやって生きていく』という提案」「最速で身につく世界史」「成功の神はネガティブな狩人に降臨するーバラエティ的企画術」「究極の人間関係分析学カテゴライズド」

世界はすべてバラエティになる

cakesで連載の「世界はすべてバラエティになる」12回よりこちらでやっています。基本無料、ときどき有料です。 「どんどん世界は多様化(Variety)する」という意味と願望と、「世界のすべてはバラエティプロダクツになる」という意思と態度の表明です。 「僕はこう考えてい...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。