生きづらい理由

幼い頃からずっと、生きることに苦手意識があります。
成功体験が少ないというか、何もかもが人より劣っていて苦労の連続でした。

何をやらせてもできない。出来たとしてもとにかく時間がかかるので、周りを苛立たせては「もう何もしないで」と拒絶されること数知れず。

それから、いつも正しい判断を下せません。
理解力に乏しく、曖昧な指示や言葉の裏に隠された真意·皮肉などは通じないので話が噛み合わなかったり、トンチンカンなことをやらかしてばかり。
「もういいから貸して」
「ちょっとどいて」
「なんでできないの」
その言葉はもはやトラウマで、そんな経験を積み重ねてきた結果、私は自分を信じるこということを殆どしませんでした。

いつだったか、現場の状況と経験値を材料に自分で判断しなければならない業務がありました。
それについてリーダーに相談したら、

「大丈夫だから。自分を信じればいいんだよ」

と返されました。それに対して

「自分を一番信じられない場合はどうすれば宜しいですか」

と真面目に聞いてしまい、絶句されたのを覚えています。

リーダーはとても良い方で、それ以来「この子は心配だ」と判断されて、プライベートでも大変お世話になりました。
LINEアカウント見失っちゃったけど、お元気かしら。

そんなこんなでとにかく私は自分に対して信用が無いのです。自己肯定感が無いとも言えるでしょうか。

自分を信用できないとはどういう事か。

自分以外の人間による判断がすべてになります。

周りの目は恐怖の対象ですし、人の言葉を鵜呑みにするので、組織の中では大変です。皆さん意見は違いますから。誰を信用したらいいかも分かりませんし、怒られたり嫌われたりすることは死に値するので、震える手で業務をこなします。

なのにコミュニティでの立ち居振る舞いを心得ていないので、ポジションも無くふわふわとしたままやがて霧散するのです。

思えば子供の頃も、大人が望む姿を選択し続ければ怒られることはまず無いので、自分で考えるということは全くしていませんでした。
それに自分で考えたところでかなりの確率で間違えますし。

そんな風に自分という軸が無いので、どこへ行っても誰にどう支えられても、精神を病みリタイアするしかなくなるのです。
20余年生きてきて、このことに最近気が付きました。遅い。

すぐに精神を病む、生きづらいと感じる→つまり自分を信じられない→なぜ信じられないのか。

それが発達障害の疑惑に繋がります。

·相手の状況に応じた対応ができない。

一度「こうしなきゃ!」と思ったら暴走車のように周りが見えなくなって、相手の状況を見ようとしません。
「先生、今お話中だからちょっと待っててね」
「私今お金数えてるの分からない?急ぎじゃないなら後にして」
とよく怒られました。

·気遣いなどができない

就職面接とかで「接客の経験があるので相手の立場に立って行動できます」とか言うけど、できてないな……。
何をしたらいいかまったく分からなくてフリーズすることが多いです。
こういう時にはこうするというハッキリしたパターンが無いと行動できません。
よく何かをセッティングする際、ほかのメンバーと一緒にテキパキ進めるというシチュエーションがありますが、どうしたらいいか分からない上に周りがどんどん進めてやることも無くオロオロ突っ立てることしか出来ないことが多いです。邪魔では。

·頭の中がうるさい

普通の人は自分の意思と関係なく音や映像が流れてこないと知って驚愕しました。マジかよ。そりゃ仕事も勉強もできて当然だわ。羨ましい。
そのせいでうまく集中することができません。人の話も途中で聞こえなくなるし、大好きな人のライブでも脳内の音が邪魔してくるので100パーセント楽しめたことはありません。

·空間認知能力が無い

家の中などで壁やドアによく激突しては痣を作ります。曲がり角で曲がりきれなかったり。距離感がはかれないんですかね。
もちろん方向音痴です。大抵はナビの逆を行こうとするし、徒歩10分の道のりに1時間かけるなんてザラです。勿論早めに行きますが、この間の面接は大変だったな……。

·音が聞こえない

ちょっと上手く説明できませんが、こちらを読んでいただければ分かるかもしれません。

耳は悪くないしむしろ声はよく聞こえるのに、相手が何言ってるのか分からない時ない?話聞く気がないとかじゃなく、ちゃんと聞いてるんだけど分からない……みたいな…… https://togetter.com/li/1403482

聞こえないなあと思いつつ、聞こえたフリをしてテキトーに相槌を打ったり、これのせいで話が噛み合わず業務が滞ることしばしば。
「いやいや、違う違う」
「話聞いてた?」
「そういうことかって…どういう事だと思ってたの?」
この言葉達はトラウマです。もうつらい。

·記憶力が無い

特に短期記憶能力が無いので、「はい、じゃあ今説明した通りにやってみて」と言われると死にます。
とにかく言われたり思い出したらメモを取るしかない。そのメモを取ったり、取ったメモを見返すことを忘れる場合も多いのですが……。
あとはスマホを手に取った瞬間にスマホどこやった?と慌てたり、私今シャンプーしたっけ?となることも多くて、生活に支障が出ています。支払いとかも忘れるし。

思い出せる範囲では以上です。
ずっとこういう人生を送ってきたので、私は自分を信頼しようとはとても思えないのです。

これらの特徴に発達障害の疑いがあることも最近知りました。
もし本当に発達障害であるなら、あらゆる支援を利用して克服したりすることもできるかもしれません。
(発達障害ですらなくただのクズだったらどうしよう……)

自分を信じて、自分の人生を歩めるように努力をしていきたいです。

とは思うのですが、とにかく診察日が遠い……。今すぐ助けてほしいくらいなのに……。
あとここ数日めまいが続いていてしんどいです。

明日は大吉!
6

ありす

言葉にしないものを言葉にする練習をしています。 「少女☆歌劇レヴュースタァライト」や「仮面ライダードライブ」などが好きです。

コメント3件

発達障害なんでしょうね。
( 私的に現代日本の精神・脳機能に関するネーミングが「?」ばかりだけど )

発達障害は攻略法のレベルが上がれば、だいぶ違ってくると思ってます。

本が読めるなら「 窓ぎわのトットちゃん 」お薦めです( ´ ▽ ` )ノ
りんかい先生さん
コメントありがとうございます。やはりそう思われますか……。攻略法、そうですね。私もこの特性との向き合い方を心得て、自分を信じられるようになるのが今の夢です。その為にも専門家にも相談したいですね。
「窓ぎわのトットちゃん」ですか!ドラマは拝見しました。トモエ学園のような学校に出会えたら私の人生も違ったのかなと思います。
脳の神経というのは、出来ない事をカバーする神経も発達する様です。
脳が半分しかないのに、まったく生活に問題が無い人も稀にいたり。
脳障害を負って小さくなった脳部位を覆うように、他の脳部位が発達して大きくなったり。

窓ぎわのトットちゃんをご存知だったんですね😊
今ちょっとウィキで見たら、校長先生の小林宗作さんは音楽の人だったんですね。

私は音楽を聞かない人なんですが、自分に足りない要素かも?と若い時に思って、流行りのポップソングをちょくちょく聞く様にした事があります。
まあ、結局は聞かなくなるんですがw
それでも、色々と学べ面白かった。

ありす様が思ってる以上に、ありす様はもっと機能や能力が伸びます。
そういう風に脳は出来ていますから。

どうでも良い話ですが
蟻にしか見えないのに、足が2本多い昆虫がいます。
通称アリグモという蜘蛛です。
家でたまに見かけるんですが、不思議だな~と思います。
( 我が家の猫が潰して食べるので、それは止めて欲しいw )
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。