眠りとカフェイン

カフェインが含まれている飲み物を飲むと眠れなくなるというのは、ほとんどの方がご存知だと思います

カフェインが含まれている飲み物というとコーヒー、紅茶、日本茶、ココア、コーラ、栄養ドリンクなどです。


だけど夜飲みたことありますよね
では何時までなら飲んでいいのでしょうか?

カフェインの覚醒作用(目が覚める効果)は摂取してから30〜40分後から現れます。そしてその効果は4〜5時間続きます。
つまり眠る4〜5時間前にカフェインが含まれているものは摂取しないほうが良いです


寝る前にコーヒーを飲んでもすぐ眠れるという方でも注意が必要です
カフェインを摂ると途中覚醒が増えたり、深い睡眠が減少すると言われています
その量はカフェイン300mgでコーヒー約2杯分です
またカフェインには利尿作用があり夜中にトイレに起きる回数も増えるかもしれません


寝る前はカフェインが含まれた飲み物は我慢して水か白湯を飲むのがおすすめです


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

釜石製綿

岩手県釜石市にある寝具店「釜石製綿株式会社」の三代目代表をしています。睡眠環境寝具指導士。 ぐっすり眠り、人生を元気に過ごせる時間が少しでもふえたらいいなーって思いながら『よい眠り』について綴ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。