kamechi

ディップ株式会社 dip AI.Lab、dip Robotics シニアマネージャ 育児を楽しくする「子育てデザイン」に挑戦する子育てUXデザイナーを目指しています。 http://kamechi.strikingly.com/

【子育てUX】ママに午前中2時間の睡眠をプレゼント!"午前のリモートワーク"が"育休取得"よりも大事!

子育てを楽しくカンタンにするために、UX(ユーザーエクスペリエンス)を考えていきたいと思います。1番大事なのは、ママの育児負担を減らす環境作りと精神的な疲れを癒せることでしょうか。我が家で実践してみて、良かった事例を共有したいと思います。

▼我が家のステータス
・2019年1月に息子(第一子)が誕生
・1月いっぱい嫁と子どもは嫁実家で過ごし、2月からは3人での生活スタート
・生後1ヶ月頃に混合か

もっとみる

育児のUXデザインを始めてみる!

育児をもっとカンタンに楽しくしたい

スライムが大好きみたいで、いつも触ってる笑

うちの息子が生まれてちょうど3ヶ月、育児に参加してみて、大事なことが少しずつわかってきたので、もっと楽しく育児が出来ないか発信していきたいなと思った。

仕事柄、UXデザインという、人が使いやすい(気持ちいい)ITサービスを作ることを本業としているので、育児でも同じことが出来るのではないかと思ったのがキッカケ。

もっとみる

「RPA」=「ロボット作成」に固執しすぎではないか?

ディップ株式会社でRPAの推進責任者をしています。
また、RPA界では知らない人はいないであろう、RPAしくじり先生の弟子をしています。
社内でRPAを推進していて、他社でも活かせる考え方や導入事例をここでは書いていこうと考えています。

ロボット選びを優先すると失敗しやすい
 RPAが盛り上げり、様々なイベントや事例記事が出回るようになりましたね。成功事例が多く、失敗事例はまだあまり出てきていな

もっとみる