戯曲の公開/上演について

日本の劇作家、舞台演出家、神里雄大です。

ふだんあまり表に出ることのできない戯曲へのアクセスを容易にするため、これまでに書いた戯曲をここに公開します。
わたしの戯曲はしばしば、小説のようだ、というような感想をいただきますが、音に出してしゃべることを想定して書いていますので、ぜひそうしてもらえたらうれしいです。そして、その楽しさを感じてもらえたら、作者としていっそううれしく思います。

また、演出家の方にはぜひわたしの戯曲を上演していただきたい!と切に願っています。クセのあるテクストだと言われることも多いですが、他者に扱われてこその戯曲だと思っています。新たな切り口で劇世界をたちあげてください! お待ちしています。

・それぞれの戯曲は冒頭部分のみ、無料で公開しています。
・文芸誌掲載時や上演会場での販売時などから、一部変更されていることがあります。こちらで公開するのはいずれも最新版です。


※上演をご検討されているかたへ(かならずお読みください)

上演をご希望される場合は有料、無料公演問わず、
下記の連絡先までご連絡いただきますようお願いいたします。
その際に、公演の詳細がわかる企画書をお送りください。
(どのような形式でも可)
kamisato@okazaki-art-theatre.com

●上演に関しての条件
・セリフやシーンのカットや順序変更に関しては、ご自由におこなっていただいてかまいません。その場合のクレジットには、戯曲構成者の表記をお願いします。(「構成:○○」「戯曲構成:○○」など)
・語尾を含むセリフの書き換えは原則としてお断りしています。
・脚色、潤色をご希望の場合はご相談ください。

●上演料
・有料公演の場合、基本的に総予算の5%〜10%といたします。くわしくは公演企画書をもとにご相談させていただきます。
・無料公演の場合には、企画内容を確認させていただいた上でのご相談となります。(基本的には上演料はいただきません。)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

神里雄大

戯曲

これまでに書いた戯曲を公開しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。