2018/3/19-3/25

3/19(月)

「明日やることリスト」を前日の夜に書く、というのをやり始めた。

朝に「えーっと何やりたいんだっけ?」って悩む時間が減って、わたしには合ってる方法かも。

やることも山ほどあるし、できないままリストが積み重なるのがつらいから、もう少し段階的に課題を設定することを意識してみたら、いい感じ。

今日は買い出しもできたし、いい日。
少しずつルーティンを決めていこう!


3/20(火)

ここ最近モヤモヤがすごかったけど、全部春のせいだし気圧のせいも結構ある気がする。

気候の変化についてけないよー!

夜明けにふと目が覚めてしまって、「もー!全部気圧のせい!」って口に出して言ってみたらちょっとスッキリした。

今日は仕事の休憩中と夜を使ってnoteもブログも書けた!よし!

数年前に手にとった本を読み返す。

うん、やっぱりこの本はわたしにとってバイブル。


3/21(水)

note共同マガジンの打ち上げ兼、メンバーのあんじゅ先生30歳のお誕生日祝い。


春分の日だというのに、雪が降る中、代官山のIVY PLACEへ。オシャレだったなぁ。普段行かないような場所に行く機会があると、世界が広がる。

あ、こんな風に組み合わせたら美味しそうに見えるな、とか、インスピレーションとやる気がもらえる。

打ち上げなのにnoteの「ノ」の字も誰からも出なかったけど・・・!

あんじゅ先生はイベントの準備で大遅刻してきたものの、一瞬で笑いを取って場の空気を明るくする力を持ってる。

ゆでたまごを時短で作ろうとして1時間半かかったってどういうこと・・・?

おもしろい4人で集まれてよかった!

その後、ホーリーさんとブログメンター面談。

毎回自信をつけさせて、前を向かせてくれる。

そしてまだまだできることがあることを指摘してくれる。

そうだよね、ブログって楽しいけど孤独だもんね。

平岡さんにもsleepy headさんにもお会いできて嬉しい日。

声がいいから音声メディアやったらいい!とか、行動力がすごい!とか、自分ではなんとも思ってない(自信のない)部分に光をあててくれる人がいる。

ついつい「そんなことないですよ〜」と言ってしまったけど、ちゃんと褒められたらお礼をいう癖をつけようと思っていたのに・・・!

今日公開のnoteも、今まででいちばん反応が良くてうれしかった。

何を伝えたいかさえ決まれば、伝えたいことはきちんと届くのかもしれない。


3/22(木)


3/23(金)

ブログメンターの宿題、まとめ記事を書こう!がひとつ完成したー!

街のエッセイを組み込んでいくスタイルに挑戦。

初期の記事がひどすぎて、リライトしたいけど余力がないくらい力を込めちゃった。

教えたことをちゃんとやってくれるのがうれしい、と言われたので、きちんとがんばりますよ。

夜、夫から聞いた話。

10年以上前の顧客さまにばったり再会したそう。そのお客さまは、今でも同じ店に通ってくれていて、再会をとても喜んでくれたそう。

そうか、同じ場所で続けることにも、こんな風に意味があることになったりするんだ。

思わず涙ぐんだ。

3/24(土)

夫と松本へ。

駆け足でいろんなお店を回るつもりが、割と早い段階で足の痛みが強くなり、ブックカフェで休憩に切り替え。

長野に来ると、いつも「働くこと」について考えてしまう。

誠実に、目の前の人を幸せにしようという姿勢、そしてその人にしかできない働き方で働いてる人ばかりだから。

お客さんへの心遣いが素晴らしくて、いつもハッとする。

夜、ナワテ通りの橋の上でふと思い出す。

初めて松本へ来た日の夜。

季節はずれの花火を見て、これから始まる夫と離ればなれの生活を思って胸が苦しくなったあの日のこと。

ま、あれがあるから今があるのだけど!

素敵な街にも店にも人にも出会えたし。なにがあるかわからないな、ほんとに。


3/25(日)

早朝から湖、喫茶店、・・・・と行動。

松本市のロップ家へ。
いろんな方が集まっててすごく緊張。

でも、お話ししやすい方ばかりでほっとした。

松本の街めぐりは、なんだか修学旅行のようだった。

帰る前に「10cm」に寄る。

昨日買った本の著者、コーヒー屋さんを営むオオヤミノルさんがいらっしゃると聞いて。

ほんとに偶然。


オオヤさんのおすすめ、浅草の喫茶店アロマ、来週行こう。

今回の松本は、夫との久しぶりの遠出。

ひとり旅もいいけど、一緒に行くのもいいな、と改めて思った。

「この空間いいね」と、いっしょに楽しめる喜び。

帰りのあずさでは、席がバラバラだったのに、お隣の方が席を交代してくれて。

なんて優しい方なんだ・・・いい思い出になった。

山のアプリを見ながら、あそこは○○山だ、とかああだこうだ山の話を聞く。


今回はなんだかしみじみ、初めて松本にきたときのことを思い出して不思議な気持ちになった。

その6年後に、こんな風に訪れるなんて想像できなかったもんな。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは「街の魅力」をお伝えするネタ集めに使わせていただき、心を込めて「知られざる街の魅力」をあなたにお伝えします!

スキありがとうございます〜
6

1週間の振り返り日記

ただの振り返り日記書いてます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。