見出し画像

ディールを制するは人生を制す

まずはこれをご覧ください。

ご覧頂いた通り、

株式会社バンクの光本さんの
MBOについてです。

MBOとは、マネジメントバイアウト。

つまり一度誰かの手に渡っている自社の株を
もう一度自身で買い取ることです。

この目的は主に経営権の確保と
株主からの解放です。

より自由に経営を進めていける
状態になる

この記事に今回のより詳しい
まとめが載っています。


https://newspicks.com/news/3442325?ref=user_2035673

ちょうど一年ほど前、
設立わずか10ヶ月もいっていない
ベンチャーが、

巨人 DMM.comから70億円もの
金額を引き出させて傘下に
入ったわけなんですが、

今回光本さんが全株取得には5億円ほどしか
かかっていないそうです。

News Picksの記事のコメント欄には
DMM会長の亀山さんの
「敗軍の将語らず」の言葉にあるように、

光本さんが上手だったのかと
思わされる内容ですね。

注目すべきは光本さんはMBOが今回で
2回目だったということです。

1度目はかの有名な前澤友作さんの
ZOZOです。

「stores.jp」というを耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか?

https://stores.jp/price

ここサービスを当時のスタートトゥデイに
売却したあと、ご自身でサービスを運営しつつ
数年後、MBOなさっています。

これって起業家にとってはすごく学びの多いやり方だと思うんです。

要は自分たちだけで運営していては学べないような範疇までをトップ企業と手を組むことで、

当初考えもしなかったスピードや規模感で
コミットしていくことができるというメリットが非常に大きいんです。

特にスタートアップのベンチャーの場合ですね。

基本的にこんな方法論を駆使してるのは
光本さんくらいなのではないでしょうか?

彼がローンチしたサービスの中でも、
一際話題をさらったのが「CASH」です。

https://cash.jp/

手掛けられたどのサービスにも共通して
言えることは、それぞれのサービスの謳い文句が
すごく素晴らしいということです。

例えば、今話題に上げたCASHです。

「目の前のアイテムが一瞬で
キャッシュに変わる」

先ほど話したstores.jpでは

「最短2分で、驚くほど簡単に
オンラインストアが作れる!」

これらどれもとても興味を惹かれます。

また続き書きますね!では!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、感謝の気持ちを込めて全力で使わせて頂きます!カナ坊の事が好き!応援したい!そう思って下さる方、ぜひお願い致します!僕はこのサポートはストリートライブを見たお客さんが感動して落としていく前向きな課金だと思っています。決して無駄にはさせません。

本当に感謝しかありません!!いつもありがとうございます!本当に嬉しい!
9

今日の独り言。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。