Kanako 新人助産師

東京大学大学院 助産師 女性が生涯を通じて健康でいてほしい、そのためにどんな支援や関わりができるか考え続けています🌻テーマ:月経・妊娠・出産・育児・女性のキャリア・不妊など🌻好きなもの:スタジオジブリ・米津玄師・旅行・映画・読書・たまにお絵描き

先輩からの無関心がいちばん哀しい、よね?#新社会人

毎日必死に病棟で過ごしていると、
自分は周りからどう思われてるのだろうか、とか、考える余裕なんてない。
すみません、今お時間大丈夫ですか? ...
これはここまでわかるのですが、ここからは一人でするのは不安なので、みててもらえますか?...
ありがとうこざいます、すみません...
1日何度も何度も口にする。

この確認手伝って、と声を先輩にかけてもらったとき
「そういえば前から思ってたんだけど

もっとみる

ジェンダーギャップとか、難しく考える前にできること

2019年6月25日、聖路加国際大学のホールでひらかれた
『女性が変えるグローバルヘルスと日本 自分が変わる、社会を変える』

グローバルヘルス、ジェンダーギャップ、男女不平等、女性蔑視、とりあつかうテーマは
日本社会のなかで置き去りにされがちで、焦点があてづらい大きなテーマだった。

でも、今回の講演は、そのような問題を気難しく、被害者的に訴えるのではなく、
★大きなテーマをよみとくためのキー

もっとみる

産まないことは「逃げ」ですか?#読書感想

産まないことは「逃げ」ですか?
吉田潮 2017年初版

作者、吉田潮さんは編集プロダクション勤務を経てフリーライターになった方だ。
20代で結婚、自身の浮気で離婚、30代半ば付き合った男性と妊活に対して思いが合わず、一度別れるが1年後に再び付き合い再婚、39歳で不妊治療を始め一度の稽留流産、そして夫と二人で歩むことを決めた。
24歳の私からすると、この先15年の女性の人生、想像できる部分と、で

もっとみる

女性たちへ、媚びないで、自分の人生を#千葉敦子さん

“女ってこんなにつらい!虐げられてる!” と被害者意識にこりかたまった、女たちの恨み節には同調はしないで、
相手や社会に不平不満を言うより先に、
同性(女性)も異性(男性)も、公平に、
まず自分がどうか、どうあったらいいのか、考えてみなさい、と叱咤激励している。

1989年、30年前の本、千葉敦子さん『寄りかかっては生きられない』は、
共感や同調、悩みの言い合い、戦いみたいな女性論とは異なり

もっとみる

上野千鶴子さんの祝辞、共感と、違和感。

上野千鶴子さんの “刺激的な” 東京大学入学式における祝辞から、2ヶ月ほど経った。
Twitter、facebookといったSNS から、webニュースでも、話題になり
いいね!やシェアも多かった。
ただ、話題になり多くの人の目に触れたにも関わらず、そこから深い議論になることはなく過ぎたのではないか。
「よく言ってくれた!ほんとそう!!新しい時代はこうあるべきって私も思ってた!!」
みたいな共感や

もっとみる

新人歓迎会で

病棟の新人歓迎会で
助産師の先輩から言われたこと。

毎日、くること
きたら、なにかできるから
とにかく休まないこと
自分で体調管理をして、こうやったら気分転換できるな、休めるな、ってリズムをつかんでいくこと

とにかく、シフトの時に
ちゃんと来て。

覚えてほしい業務、ケア、システムはたくさんあるけど、それより先に、まず病棟に来れることを一番に考えて、そこから毎日始めてみて。

意外だった。

もっとみる