Lunar-New-Year ってなんなん?

めちゃくちゃ久しぶりです。うひひ。いつも絵を見てくれて何かを感じてくれてうれしいです。ありがとうございます☆

今日は。。。昼間にあげたイラストのLunarNewYearってところで?はて?と感じる方もいらっしゃるかな。と思ったので。。。久しぶりに。

シンガポールは華色(中華系)の強い国です。第一言語を英語と言いつつも、日常では中国語がたくさん飛び交っています。そして、よく中国語で強引に話しかけられます。

そんなシンガポールの新年は中国の風習にならって、旧正月と決まっています。この旧正月をLunar New Yearと言います。こないだのお正月はサラッとしたものでした。。。12月31日までローカルの会社は仕事普通にあります。年明けも普通にお仕事です。

旧正月は中国暦にならい月の月齢で数えられています。

干支の飾り、お金の飾りなど...とにかく金!赤!金!赤!金!街がギラギラと飾られていきます。中国では爆竹をする習慣があるので、よくシンガポールも?と聞かれたりしますが、シンガポールでは見た事がありません。とても静かな旧正月です。

仕事面で言うと、私の会社は日系のメディア会社ですが、旧正月に発行物を発行しても本当にお店がしまっていて、発行物が誰にも手に取ってもらえない為、重ならないように発行します。

そしてこの時期になると、印刷会社さんから1週間半休むから、印刷依頼があるなら早めに言ってくれないと、全部旧正月明け納品にしちゃうよーと、連絡がきます。なので、それに合わせて依頼などの対応をしなくてはいけません。

生活面では、スーパーも何もかも閉まってしまうので、とりあえず買いだめを。それ以外は、のんびり過ごすだけです。

日本と同じお年玉もあります。紅包(アンパオ)と呼ばれていて、とてもびっくりしたのは、子供達だけが貰えるものではないというところです。お年寄り、お世話になった先生、お世話になった人へアンパオを渡します。もちろん子供達も貰えるのですがほんの気持ち(200円程度)です。

長くなってしまいました。。。シンガポールの旧正月のお話。旧正月の食べ物もあるので、時間があれば旧正月前に。。。書こうかな。

とっても久しぶりにシンガポーつうしん書きました。文を書くのはやっぱり苦手。少しでもみんなさんに伝わりますように。無料で読めますが、良かったら取材資金おまちしてるくぅま〜。

この続きをみるには

この続き:0文字

Lunar-New-Year ってなんなん?

kanakuuma

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

もふもっふ
43

kanakuuma

コメント6件

仕事柄、色々と縁がありますので、取材資金を提供させてください♪絵と同様に楽しみにしています。
Singapore used to celebrate with firecrackers until they were banned in 1972 due to the fires they caused. It does seem quieter these days but Chinatown is still lively!
Angel さん 資金頂ありがとうございます!!うれしいです☆いろいろと縁があるのですね~来られる機会があったら是非おあいしてみたいですね☆
Sarahさん コメントいただき、ありがとうございます。日本語で返信させていただきますね。シンガポールでは公共の場で爆竹をすることは許可されていないそうです。(ご説明にあった過去の出来事からかもしれませんね。)私の町は2年半住んでいますがもちろん爆竹をしているところは見たことはありません。チャイナタウンでされている爆竹はイベントなので、政府機関の許可などをとっているんだよ。と友人のシンガポーリアンが説明してくれました。なかなか、プロのコラムのように行かないので、間違い等ありましたら今回のようにご意見いただけますとうれしいです。これからもよろしくです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。