見出し画像

見えない不自由があっても生きづらくない社会って実現できるのかしら

先日SNSを見てて

「明らかに妊婦さんが目の前に立ってるのに、優先席に座ってる若い人が無視して座り続けていた、そういうの許せない」

的な投稿を目にして、それがそこそこ発言力のある人のツイートで、また、その意見に賛成するこれまた発言力ある人たちのコメントがあり、それらを見ててちょっともやっとしたので書いておこうかな、と思って書いています。(わたしのTwitterとか見てる人は何度も言ってるからまたこの話か、て思うかもしれませんが)

目に見えて不自由、っていうのはわかりやすいからまだいい。誰かが手を差し伸べてあげられるチャンスがある。
ただ、外見から判断できない不自由も目に見える不自由と同じかそれ以上に存在する、ということ。

たとえ身体障害手帳を持っていても、外見からは判断できない若くて元気そうな人だっています。

障がい者として生きていない人であっても、一時的に骨折してて電車で立ってられない人だっているし、妊娠してなくたって、体調が死ぬほど悪くて立ってられない状況の人だっているし、つまりは「この人は思いやりをもって接してあげてほしい人です認定」を外見だけで判断できるのってごく一部なんじゃないの?ということ。

ラベリングされない、できないことによって、利益を享受できない人はたくさんいます。

そのことを少しでも頭の片隅にとどめて置ける人が増えれば、正しさを振りかざして目の前の人を圧することがなくなると思うんですよね。(いや、思いやりのない自己中心的な人の可能性もあるけどさ、もちろん)

わたしのここ数年の持論は、不自由の可視化ではなく、思いやりや善意の可視化をしていく方がいいのではないか、ということ。

その妊婦さんの目の前に座ってた若い人は、果たして若くて元気で、不自由もないのに思いやりがなくて傲慢に座席に座り続けていた人なのでしょうか。そこの真偽は定かではありませんが、外見だけで判断できないことってあるよね、ということを伝えたいなと思いました。

そしてわたしは、そういった状況を解消するために、見えない不自由を可視化するのではなくて、むしろ善意をもって接することができますよ、という人を可視化できる社会にしたいと思っていて。

自ら席を譲ったり、お手伝いしましょうか?を伝えることだって勇気がいりますよね。同じことだと思います。
不自由がある側が「助けてほしいです」を提示するのも、結構勇気のいることだったりします。もし、彼らにそれを求めるのであれば、「助けてあげられますよ、気軽に声かけてくださいね」という気持ちも等しく提示していいのでは、と思います。

マッチングは、片側だけが発信を頑張っても成立しません。
お互いに意思表示をしあえた方が絶対に効率もいいし、優しい気持ちでいられると思います。

そうすれば、みんなどういう状況の人であっても、譲ってもらえる相手がわかるのだから、堂々と優先座席に座ればよいし、、、と書いてて、いまものすごくいいことを思いついてしまいました・・・。
これ、鉄道会社に提案してみたいなと思ったアイデアを思い付いたので、いま一緒にお仕事している電鉄会社さんに提案してみようと思います。

きょうもわたしのあたまの中を、少し。

思い付きでしかないですけど、自分がとても伝えたいことを書き記しておくのはゆくゆくの自分を楽しませるための一歩。ぜひ、書いておきましょう、ぜひ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

\ありがとうございます!/ いただいたご厚意は、新しいチャレンジに役立てます!

豆知識:「カナエナカ」は右左どちらから読んでもカナエナカなんですっ笑
115

カナエナカ

反省しかない日々を都合よく忘れながら生き、美しいモノを眺め溜め息をつくのが趣味。写真/いけばな/うつわ/人の活きる建築がすきInstagram:https://Instagram.com/shojiro.nkym メール: shojiro.nkym[at]gmail.com

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
4つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。