「はじめてのインタビュー」を撮る人、撮られる人が知っておくと安心な現場レシピ

今年は写真をたくさん撮った年でした。
(多分数万枚は撮ってると思います。)

仕事の一環でインタビューやイベントの席で経営者さんを何人も撮っていて気づいたことがあります。もし、今後少しでもインタビューを受ける可能性や、撮る必要に迫られる可能性がある方は、気にされてみてはと思います。

【撮られる人編】カメラマンがいい写真を撮りやすくなる「撮られる人が気をつけるべき3か条」

①「姿勢」
インタビュー中、イベント登壇中は椅子に深く座って背もたれに身を委ね過ぎないこと。
②にも繋がりますが、姿勢が悪いと視線も不自然になりがちです。しんどいかもしれませんが、撮影された写真がインターネット上に公開されたら、それは一生残っちゃう可能性も……数時間の苦労を厭わないことをオススメします。

②「視線」
視線や頭が下がっている人を撮るのは結構苦労します。
特に、視線が上がっている方がいい表情を捉えやすく、前向きな印象の写真にもなるので、是非に。

③「ジェスチャー」
無理にする必要はないんですが、手振りなどがあると、ワンパターンの写真じゃないものが撮れるので、少し手振りなども交えて話をしてみてください。
大げさかな?とかわざとらしいかな?とかそういうのは気にしなくて大丈夫です笑

- - - - -  ✂︎ - - - - - 

さて、こっからは「撮る人」向け。
それも、プロじゃないけど撮らなくちゃいけない!となった人向けに書いておきます。

【撮る人編】「はじめてインタビューを撮る人」が知っておくと失敗を回避しやすい撮影レシピ

最近は、ライターさんがついでに写真もお願いされるケースもよくあると思いますが、風景の写真と違って、人は動くし、同じようなカットしか撮れなかったら、せっかくの文章の変化が台無し。
素人からインタビュー写真を撮るようになって思考錯誤した中で気づいた苦悩を回避するレシピを書いておきます。

そのほか個人的に人物撮影をするときに気をつけていること、現地に行って気をつけていることも。

もくじ
ーインタビューをするために通される場所でするべきこと4か条
ー被写体別気をつけること(いい写真になりやすい角度など)

 ・共通編
 ・男性編
 ・女性編
ー準備しておくと安心な機材


インタビューをするために通される場所でするべきこと4か条

基本的には、自分の撮影機材でちゃんと撮れる距離や明るさを確保できるか?の観点と、仕上がった写真のイメージを作れる背景を選ぶことに気を配る感じです。

①会社のシンボリックな場所や看板などがあるか?
 会議室に通される前にもしっかり観察して、帰るまでの撮影計画をささっと頭の中で組み立てて、インタビューが始まる前に対象者や秘書・広報に要望を伝えられるようにすること。

②光源がどこにあるか確認
自然光が入る場所があれば、そこの近くに対象者を座ってもうように誘導。撮影に上座下座などという概念は不要です。

③背景に写っても問題ない場所を探す
会社やその人らしさが引き出せる背景か?(会社の広報や秘書、本人と相談してもOKです)
例えば、社内限定の情報が書かれたものが掲示されているものを背景にするのはあとあと使えないとか、ありえることなので、とにかく映り込むことに気を配ること。

④いい仕上がりに撮れる場所を自分から提案する
会議室が狭い、暗い、など絶望的な環境だった場合、終わった後に外で撮る、個人の執務室で撮らせてもらう、など。

もし、「行くまでわからないのは心臓に悪い」という場合は、事前にある程度環境を指定するのも一つの手です。
(明るい場所がいいです、とか、職場が背景がいいです、など。)

- - - - -  ✂︎ - - - - - 

被写体別気をつけること(いい写真になりやすい角度など)

この続きをみるには

この続き:2,438文字/画像10枚

「はじめてのインタビュー」を撮る人、撮られる人が知っておくと安心な現場レシピ

カナエナカ

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

\ありがとうございます!/ いただいたご厚意は、新しいチャレンジに役立てます!

この文を読むためにあなたの人生の数分を使ってもらえただなんて嬉しいです
20

カナエナカ

写真に関するnoteまとめ

写真に関するnoteまとめ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。