「用途自由、5000円あげる」って言ったら何に使う?

先日ふと、毎月とあるものに対して5000円ほどの支出があることに疑問を持ってしまったので、「もしこれをやめたら自由になる5,000円は何に使うだろう?どう使ったら無駄じゃなかったって思える?」と考え始めたことがきっかけで、こういう募集をすることにしました。

最近ちょっとだけフォロワーが増えたとはいえ、別にわたしは人気者とかでもないし、どういう人かとかみんな知らないだろうし、ましてやリプなんてくれるの仲良しな人くらいかな〜と思いながら、深夜にボソッと呟いてみたところ……

46件の「これに使いたい!」が集まることに。

リツイートがついたので、フォロー・フォロワー外の人からもアイディアが飛んできまして。むしろリアル友人勢の方が少ないくらいでした。

思っていたよりみんなが面白がってくれたこと、終わってみてやって良かったと思えた部分が多かったので、気づいたことを振り返りしたいと思います。


問いの設定がちょうど良かった

振り返れば、この問いかけは自分でもびっくりするほど、とても絶妙な内容でした。

まず「金額」

5,000円って、とてもリアルな金額なんです。自分の生活をちょっとやりくりすれば生まれる金額であり、気をつけていないとうっかり溶かしてしまいがちな金額でもあります。

だけれど、キリの良い1万円に比べればできることがそんなに多くない印象もありつつ、このお金があれば自分へ投資したり、少しの贅沢ができたり、普段我慢していることができたりする。
使いたいものや使い道が日常から乖離しない金額でした。

問いかけたことで普段どんな人なのかあまりよく知らないままの人の一面を知る。

返信をくれた人の一面を少し知るきっかけになりました。

どこに住んでいるのか、学生なのか、子供がいるのか。本が好きとか、知らなかった趣味とか、仕事のこととか。

そして、欲求が向く先は、大きく分けると2パターンの傾向が。

①自分のために使いた人

②誰かのために使いたい人

どちらがいいとか悪いとかの話ではなく、思ったよりも自分に向かない使い道を選ぶ人が多い印象的でした。
(逆に、普段誰かのために何かしたいと思っていても、そういうお金の使い方ができていない人が多いのかな、と推測してみたり。)

特に①では、嗜好品(本や花)など、ちょっと贅沢だなと普段我慢してしまいがちなものへ使いたいという人が。
これは当然のことだなと思う一方で、本を買いたいという欲求が意外と多くみられたことが面白かったです。

そして注目すべきは②だったのですが、コメントでもらった以下がとても興味深かった。

これは確かに、「欲しいものがないということに気づくことは、自分の生活を省みて満足しているかどうかを図るバロメータなのか」とわたしも気づかされたコメントでした。(しゅうともさんありがとうございます!)

さて、もう一つ、

「自分がいい!と思ったオススメ本をプレゼントしたい」

という人も多かった。

わたしのフォロワーさんに本好きが多いっていうのもあったとは思いますが、案外自分が面白かった本は人に手渡してでも勧めたいものなのだな、ということ。

「本と花」

この2つはあると生活がより楽しくなるけれど、日常的に際限なく入手できる人がそんなに多くないからこそ、心を満たしてくれる使い道として多く選ばれたのかもしれません。

*****

ということで、約束通り、以下のアイディアへわたしは5000円を差し上げることにいたしましたので、ご報告いたします。

選定した基準は以下のとおり。

そして、この記事を最後まで読んでくださったそこのあなた。もしよろしければ、投げ銭形式なので、少しばかりご協力いただけると喜びます!

今回進呈先に選べなかったけれど、次点で少しでもギフトできればいいなと思った方がいるので、その方へのギフト資金にしたいと思っています。

ギフトを差し上げたいなぁと迷った先は、有料部分より先に掲載しておきます。


あなたは「用途自由、5,000円あげる」と言われたら、何を思い浮かべますか?

この続きをみるには

この続き:57文字

「用途自由、5000円あげる」って言ったら何に使う?

カナエナカ

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

\ありがとうございます!/ いただいたご厚意は、新しいチャレンジに役立てます!

つぎの投稿を書く意欲がチャージされました、嬉しいです◎
25

カナエナカ

ときどき note 日常編

毎日の中の好きをちょっとだけ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。