頬をなでる風に空腹と春を知る。

日々追われ、行き先まで早く辿り着かなければとあくせく歩く道すがら。

ふと風の柔らかさに気づき、春を知る。

いつかどこかで聴いた流行りの曲の「頬をなでる風」という歌詞を思い出し、「ああ、この風のことか」と腹にストンと落ちたと同時に、自分の腹も減っていた。

もうすぐ駅沿いの水路には、白い花びらがひらりはらりとおちてゆく。なんとも言えぬ美しい景色が見られるのだろうな、とふわっと桜並木の情景を空に浮かべつつ。


目下気がかりなことはこれからの所用。

「早くを済ませて
美味しいご飯をおなかいっぱい食べにいこう」

そう思ったら足取りが軽くなっていた。


背後にいる「春の気配」を知る今まさにこの季節、いちばん気持ちのそぞろうとき。

春はすぐそこ。あともう少し。


#エッセイ #春を知る #生活の中

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

\ありがとうございます!/ いただいたご厚意は、新しいチャレンジに役立てます!

つぎの投稿を書く意欲がチャージされました、嬉しいです◎
11

カナエナカ

ときどき note 日常編

毎日の中の好きをちょっとだけ。

コメント3件

リビセンの写真素敵ですね。(実は今丁度リビセンを入れたnoteを書いているとこでした笑)近々upします〜
おー!リビセン行ったのですか??実は今週末ももう一度行きます!リビセンの方達、皆さんとてもクリアで純度の高いコミュニケーションをしてくださる方たちで、なんだかびっくりしたし、心がちょっと軽くなりました。たなしんさんと話ししたい〜相談乗って欲しい〜
リビセンはもう3回行ってます!笑笑 今週末も行くんですかーー。いいすね!気持ちがいい場所ですよねあそこ。是非ーー相談に乗れるものであれば!笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。