VTuberの炎上問題を考察する

※2019/4/6 掲載 2019/4/15更新

この記事を書いている現在、ゲーム部は大炎上中だ。今回はいわゆる労働問題。実際、ゲーム部のクオリティをあの頻度でやっていること自体があり得ないことなので、なおさら説得力がある。

一ファンの意見を言わせてもらえれば、もうこんなことはこりごりだ。ファンに助けを求める風潮はバーチャルと最も相性が良くない。VTuberの実在性が最も侵害されるからだ。優しい世界でいろ、とは言わないが内部の問題は内部で解決してほしいというのが本音だ。ディズニーのキャストが過酷な労働条件で働かされていると知って、本気で楽しめるか? 少なくとも、僕は無理だ。

今回は過去の炎上を振り返りながら、いくつかのパターンに分けてみた。そのあと、労働問題のような案件を表に出すVTuber界隈の風潮について考察する。(未確定な情報が多いです。真偽の判断はご自身で)

・運営の炎上

今回のゲーム部の件はこのケースだ。魂が過重労働とパワハラをされた。

真偽の程はともかくとして、運営は何らかの対応をしなければならないだろう。運営からの情報を静かに待とう。

※2019年4月11日、ゲーム部プロジェクトの運営会社Unlimitedは声明を発表した。声優は変わらず継続するようだ


これと似たようなケースが牡丹きぃの炎上だ。

「助けてご飯も食べれない!」Vtuber、運営に反旗翻す!

この件は鳴神氏の動画が分かりやすい。端的にまとめると、給料の未払いという炎上である。以下の動画はかなり過激な内容なので注意していただきたい。


【リーク第2弾】Vtuberが初対面でオフパコして妊娠って許されるのか?

このようなケースで踏まえなければならないことは、一方的な情報で判断してはならないということだ。VTuberは発信力を持っているし、私たちはどうしても彼女らを擁護してしまう。だからこそ、冷静な目で事の顛末を見守らなければならない。

・魂の炎上

大きく燃え上がりやすいのがこのタイプの炎上だ。最近のケースとして有名なのは真堂雷斗(通称パコライト)だろう。中の人が特定され、過去の犯罪歴や言動が晒され炎上。たった四日間での契約破棄となった。このケースの問題は企業が本人の経歴をチェックしなかったことだ。企業勢である以上、面白さの前に最低限の人間性を見るべきであって、その魂のリスク管理くらいはしてほしい。にじさんじの新人デビュー頻度は群を抜いているが、このような事件が今までに起きなかったこと自体が奇跡だと思う。そりゃ、あの頻度でデビューさせてたら、ハズレも引くって……
実際、VTuber界隈にはよこしまな目的で参入してくる人もいるわけで、必ずしも優しい世界というわけではない。これは同様のホロライブのケース(モデルはかわいいのになあ……)

クビになったVtuber「人見クリス」の初放送

・本人による炎上

このケースは数え上げるとキリがないほどある。最近では渋谷ハジメの炎上。初期では四天王の一部がデマを流すことで有名なまとめサイトを紹介したことによる炎上だろうか。(このレベルを炎上と言ってもいいのか分からないが)

このケースは大きなやらかしを起こしてしまっても、対応が悪くなければ比較的沈静化しやすい。間違いは誰にだってある。それを正して進歩していくのもVTuberの面白さであり、その人間味こそに惹かれるからだ。誰だって推しを失いたくはないのだから……

・アズリムることの是非

アズリムの件はVTuberファンならば、知っている人も多いだろう。強制的な魂の変更に関してtwitter上で告発したのだ。その件以来、twitterで運営について告発することをアズリムると呼ぶらしい。今回は分かりやすいのでそう呼ぶことにする。

VTuberのいいところって、キャラクターを使うことによってその発言や行動を希薄化してエンタメ化できるところだと思う。例えば、月ノ美兎はムカデ人間でバズったけれど、あれを生配信で生身の人間が言うと、少し嫌悪感を覚える人も多いはず。キャラクターが言うことで、それ自体がエンタメ化する。これは、現実世界でのヤンデレは面倒だけどキャラクターとしてのヤンデレは好きという感覚と似ていると思う。

そうであるならば、キャラクターとしての存在と現実世界での存在を繋ぎアズリムることは最悪の悪手だと言わざるを得ない。僕たちは告発よって一気に現実世界に戻されるのだ。(まだ、本人による炎上はバーチャル世界で完結しているが他はダメだろう)

また、このような事件が常態化し成功してしまっていることがファンにとっての悲劇だ。なぜかこの界隈ではtwitter上で運営に関しての告発をすることが非常に多い。まだVTuber文化自体が未熟で魂に対して十分なケアができていないからだと思う。また、これからも告発事件が起こることは予想される。突然、あなたの推しがアズリムったとき、どうしたら良いのだろうか?
バーチャルの世界でも現実と隣り合わせだということを改めて思い知らされる事件だ……

(運営さん……見ていますか……お願いします。VTuberこそ問題を表に出さないで下さい。優しい運営をお願いします……)


ここまで読んで下さりありがとうございました!
興味を持ってくれた方はnoteやtwitterのフォローお願いします
かなた https://twitter.com/tn4mdg1

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!!
29

かなた

Vtuberに魅せられ、Vtuberのことを布教する人。バーチャルとは、について考えていきたい。

VTuber&VR考察マガジン

このマガジンではV考察や統計、ファンの向き合い方などVTuber&VRに関する考察をアーカイブしつつ、紹介していく 詳細→https://note.mu/kanata_virtual/n/na8ffd7b005d4
1つ のマガジンに含まれています

コメント8件

そうやって不必要に盛り上がって問題の規模を大きくする君たちにこそ責任があるでしょ。私達はゲーム部のそれぞれが好きなだけであって、中の人まで気にかけてやることないし、余計なお世話。ゲーム部の帰る場所はもう無くて、今日の動画も出なかった。Twitterも、部員どころかnecomi先生もあずーる先生もツイートを控えてる。この状況を作り上げたのは運営だけじゃなくて不必要に裏垢を特定して盛り上げた囲い共の仕業ですよそう思いませんか?
ここで僕たちが問題にしてるのはVTuberの告発体質です。現実的に告発した以上、これを沈静化するのは不可能です。ならば、告発するという風潮を変えることが大切ではないですか?(そのためには、それを表に出さずに解決できるシステムを構築することが必要です)
運営にそのような申し立てをしたいのなら、このような卑怯な手を使わず直接unlimitedの公式HPに投稿すればいい。君がやっているのは、魔女狩りのようなものだ。大した情報源もないのにたったの数ツイートを鵜呑みにしてそれに尾ひれ背びれ胸びれまでつけて拡散しているのに過ぎない。運営の見解を待たず、勝手にゲーム部を殺し、告別式を行う君たちのような人々が様々なVtuberを困らせているのがわからないのか。何故告発しちゃいけない?駄目運営と罵る癖にそのシステムは他人任せか?ここまでコトを大きくしたのは誰か考えてほしい。あと、さらに付け加えるなら、君は質問にしっかり答えられないのか?論点をずらすな。正々堂々と話せ。
記事読みました?ゲーム部は一例であってゲーム部だけの問題じゃないのですよ。VTuber界隈の風潮の話です。だから、このような形で公表しているのです。それに僕は問題を広げるのは反対ですよ。しかし、この記事を公開したときにはトレンドにのるほどバズってしまってたので、まず冷静になろうねという呼びかけのつもりで書きました。あと、記事でも書いていますが一方だけの視点でこういう問題を語るのは良くないですよ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。