小さなメモ帳という選択肢

Rollbahn(ロールバーン)というメモ帳を買った。LサイズというA5サイズよりも縦に縮んだ大きさ。


銀座の伊東屋で見たとき、そのマットでかわいい色合い、小さめなのにちょっと横に長いそのフォルムに何気なく気になっていた。そして昨日、えいやっと、とうとう買ってしまった。まだ使ってるノートあるのに...。

しかし、そもそも僕は日常的にA4サイズのコピー用紙を使っていたり、A4サイズのノートを愛用していた。なのに、なぜこのA5よりも小さいメモ帳にときめいたのだろうか?言葉にしてみたい。

メモは身体と脳みそが相談しあって、峻別するもの

Rollbahnがいいなと思ったのは、まずその大きさだ。A5よりも縦に小さい。横幅は同じくらい。今使っているA4の半分以下くらいの大きさ。

ぼくはノートの紙面は広ければ広いに越したことはない論者である。ノートの大きさは思考のキャンパスの大きさ。たくさんのことを考える時、ノートは大きい方がいい。今回の購入動機に矛盾している。

Rollbahnにメモしてみて思ったことは、メモ帳の紙面が小さいと、人はメモする内容を峻別するということだ。紙面が小さいと、たくさんのことは書けない。だから、ペン先を紙につけるギリギリ直前まで考える。その間の時間、身体の中で自分が相談し合っている感覚があるのだ。

なんだか、それがとても負荷がかかって、良い。身体と脳みそがリアルタイムに相談しあって、本当に自分が大事だと思っていることだけを書き残そうとする。無意識が、メモする内容を峻別するのだ。

これは案外A4のコピー用紙に速記していくスタイルのメモには、ない特徴だ。A4コピー用紙はいくらでもあるので、ある意味間違えても破り捨てれば良い。保管もしないので、ありがたみもない。脳と身体の相談っぷりは、Rollbahnに軍配が上がる。

ノートとペンだけで街に繰り出したくなるうれしさ

もうひとつ、Rollbahnがいいなと思ったのは、ノート1冊とペンを持って街に繰り出したくなるうれしさだ。

Rollbahnは、とにかく身軽だ。サイズがA5より一回り小さいこと、紙自体が軽いこともあるが、その色使いも影響している。僕が持っているのはマットなイエローなのだけど、この色はこれまた気軽さを冗長する。

それなのに愛着が湧くのが不思議だ。絶妙な大きさのおかげかもしれない。「Rollbahn Lサイズ」はA判、B判にはない大きさだ。A5の上側だけ切り取ったような、ずんぐりむっくりなサイズ。その寸胴な感じがかわいい。縦に短いものって、なんかちょっと軽んじてしまう。

この気軽さと愛らしさのおかげで、Rollbahn1冊とペンだけで街に繰り出したくなる。軽い割に表紙はしっかり固いので、立ったままでも十分メモできる。だれかとご飯に行ったときも、気軽にテーブルの横っちょに置いておける。

最後に

Rollbahn、完成度高いなーと思った。やっぱりひとつのプロダクトって総合芸術。色合い、フォルム、大きさ、軽さ、すべてが絶妙に絡み合ってひとつの印象が出来ている。

Rollbahnも去年で15周年だったようだが、長く愛されるには理由がある。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

ありがとうございます!noteを書く励みになります。頑張ります!
38

神農亮

感じる、思う、考える。 (2017)

日々の生活の中で、感じ、思い、考えたことを格納する公開メモ帳のようなもの。2017年に書いたものがまとめられています。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。