「世界史の極意」

佐藤優著


そもそも「歴史」なんて、それほど~~べつに~~だった。

しかし、いろいろな環境が押し寄せる中で・・・

そして、いろいろな影響を四方八方から受ける中で、今では歴史印の歴史めがねをかけるようになってしまった。

実はそれが「すぽっ!」とハマり・・

ついでに、世界地図印の世界地図メガネもいい~~感じになって、すっかり遠近両用めがね的な・・・

見えなかったものが見えてきて、大変楽しくなってしまった~~♪


いろいろな影響を受けた中で、この一冊の本もその中の一つ!

特にこの文章に、大・大・大ショックを受けてしまった・・・

「民族形成に不可欠なもの(昔からあるように思われる理由)。人々の感情に訴える、詩的で、道徳的で、共同体の統合に役立つ物語としての歴史」


1、民族形成・・ということは民族は、形成されたものなの?

2、(昔からあるように思われる理由)・・ということは、民族という概念は昔からあったわけではなかったっていうこと?

3、民族形成に不可欠なものが、歴史だって~?

4、それも「物語」としての歴史だって~?ストーリー?

5、人々の感情に訴える・・・歴史~?

6、詩的で・・・道徳的で・・・そんな歴史~?

7、それも、共同体の統合に役立つ物語としての歴史~?


その結果・・・

世界全体が一つの共同体として、その統合に役立つ歴史をストーリーテーリングしたら、おもしろいじゃん!

ということです。

あくまでも一般主婦であり、ただのおばさんの主観ではありますが・・

未来の子供たちが「生まれてよかった!」といえる社会を創ってから、のんびり老後を暮らしたいと思ってます♡


PS,只今、また一つ、チャレンジ中。

   雑巾しぼるように、脳みそしぼってます・・・








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

拙い文章を読んで頂いて、ありがとうございました。 できればいつか、各国・各地域の地理を中心とした歴史をわかりやすく「絵本」に表現したい!と思ってます。皆さんのご支援は、絵本のステキな1ページとなるでしょう。ありがとうございます♡

今日も素敵な瞬間の連続でありますように♡
16

nurico

読んだ本。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。