歴史を学ぶ価値② No.197

皆さん歴史は好きですか?

私は最近(2019年5月)まで歴史が好きではなく、ただの暗記科目と思っていましたが最近突然興味がわき、先日も桶狭間の古戦場を見に行ってきました。

歴史が面白いのは1つの歴史の事実にも諸説あり、色々な解釈が出来るという点ではないでしょうか。
桶狭間の戦いも以前は信長が奇襲し勝利を収めたというのが定説でしたが、最近は実は正面から攻撃したという話が有力になり、またそこにも色々な解釈が出来るようになってきます。

信長が勝利したという事実は1つですが、色々な解釈が出来るというのも楽しく、確かに本人がどう判断しどう思ったからその行動をしたかを知っているのはその本人だけです。

自伝などでも、その時の心の描写があるものもあれば、そうでないものもありますし、もし本人が言いたくない事があればそれは記述されていない可能性もあります。
全ての自伝の中身が事実ではなく、美化されている事もあるはずです。

そんな歴史を紐解き、自分も解釈しながら自分が信長だったらどう判断したかなどと考え、その学びを現代の生活に活かしていくのが歴史を学ぶ価値の一つだと思います。

今回桶狭間に行ってみて思うのは、現地でなければ見えないものもあり、現場を見る事でよりリアルに歴史を想像できるようになります。
そういった歴史の足跡をたどる旅行なども歴史に興味を深める良いポイントだと思います。

歴史が好きでない方もぜひ学ぶ人を決めて学びを深めてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

そこが良いんです!
3

感動創庫®LFC顧問  井上感動マネジメント代表 井上 剛典

岐阜県本巣市でアパレル中心の倉庫で顧問と色々な業種での経営経験を活かしコンサルティング業務もさせて頂いています。 日々の気付きや感じた事、皆様にお伝えしたいシンプルルール等を毎日書いています。 時に暑苦しく、時に頼りなく今あなたに必要な心がワクワクするメッセージを届けます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。