ショートショート「耳打ち」

昔々、世界には死が無かった。誰も死を知らなかった。誰も死に方を知らなかった。だから、人々は生き続けた。死に方を知らないのだから、生きるしかない。病も、不慮の事故も人々を殺せなかった。時間すら人々を殺すことはできなかった。
ある日、一人の少年が古い壺を覗き込んだ。甕だったという説もあるし、瓶だったという説もある。とにかく、少年は何かを覗き込んだ。その中には何も無かった。黒い闇だけしか無かった。少年は少し落胆した。少年は何かを期待していたのだ。そして、一つ息を吐いてその場を離れようとした瞬間に声を聞いた。あとから考えれば、それは死の声だったということがわかるのだが、その時はそんなことがわかるはずもなかった。少年は、ただ不思議な声だと思っただけだった。それは普通の発声では出せないような音だった。しかし、ただの音などではなく、間違いなく声であり、言葉であり、意味があった。それが伝えたのは死について、そして死に方についてだった。
「中に何があったの?」少年が中を覗く様子を見ていた誰かが少年に尋ねた。
少年はそれに答えようとした。しかし、その特殊な音、声を発声するのは至難の業だった。どうにか発声したものの、それはどう頑張っても蚊の鳴くような声にしかならなかった。そこで、少年は尋ねた人に耳打ちをするようにその声の言うところを伝えた。その声は耳打ちされた人に染み込んだ。そして、少年はほどなくして死んだ。世界は死を知った。
人々は驚いた。それは初めて見る死だったからだ。人々はそれがどういうものなのかを理解したがった。そこで、最後に少年と言葉を交わした者を探し出し、何を聞いたのかを尋ねた。その人は少年がしたように耳打ちでそれを伝えた。そして、ほどなくしてその人は死んだ。ほどなく死が世界に広まった。人々は死にたくない、死にたくないと言いながら、その声を耳打ちしてもらいたがった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
4

兼藤伊太郎

For Beautiful Human Life

つたない創作ですが、よろしければどうぞ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。