ヤナセが僕の先生だった

10年10万kmストーリー 第3回 

フォルクスワーゲン・シロッコ(1981年型)30年16万7000km

 夏に袖ケ浦フォレストレースウェイで行われたフォルクスワーゲンの「GTIミーティング」というイベントに行ったら、一台の初代シロッコの前で多くの人々が足を止めていた。

 初代シロッコを街で見掛けることは、もうほとんどなくなった。それは、ドイツでも日本でも変わらない。現役時代でもそれほど数が多かったわけではないから、今となってはなおさらだろう。

 そのシロッコは、特別賞を授かって表彰された。僕が審査員だったとしても意義はない。初代ゴルフも何台か参加していたが、珍しさとコンディションの良好さからシロッコは際立っていたからだ。

この続きをみるには

この続き:3,136文字/画像5枚
記事を購入する

ヤナセが僕の先生だった

金子浩久書店

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

他の記事も読んでみて下さい。
1

10年10万kmストーリー

一台のクルマに長く乗り続ける人々のルポルタージュ。自動車ライター金子浩久が全国に出掛け、クルマ好きの喜怒哀楽を共有する。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。